Canon EF24mm F2.8
いったい何をしておるのか??、と自分でも思いますが、これも性、仕方ありません。
35mm を買ったら 24mm はどうするの、えっ、24mm の立場がないじゃろ と、24mm の神様が夢枕に御立ちになって、・・・。いや、あの、その、じつは、・・・、単に欲しくなってしまって、いや使ってみたくなってしまったところまでは記憶にあるのですが、・・・いつのまにか運送屋さんが私の手元に持ってきてくれたのが Canon EF24mm F2.8 なのです。

そう、念じてみるものです!!!、いやクリックしてみるものです、ポチッと。
あなたにも出来る!、クリック、クリック、さすれば程なく運送屋さんがもってきてくれる (^^;)☆\(ー_ー)

24m という焦点距離は、換算で 38mm になります。じつはこれ、手持の IXY digital 600 のワイド側とほぼ同じなのです。CONTAX T2 とも同じではなかったでしょうか (^^) 決して広角という感じではないですが、実際使ってみると便利に使えるような気がします。IXY digital 600 のワイドと同じ、CONTAX 様と同じといえば使いにくいはずがありません。

方や 35mm のほうは換算で 56mm ですから、いわゆる標準レンズとして十分使えるでしょうね。
おかげで EF28mm は必要なくなってしまいました。しょうがないよねクリックした分は何か売りましょう。


f0091955_042116.jpg
Canon EOS 20D / Canon EF 24mm F2.8




数ヶ月前、Tamron 17-50mm F2.8 (A16) を入手して、35mm と 24mm はこれでまかなえるから単焦点は不要だ、などと啖呵を切っておったのですが、ダメでした。どうせダメなのならば、はやくギブアップしておいたほうが幸せでいれた時間が長いのに、おばかな御仁でござる。妙なところで頑張らなくてもいいんだよ。

現在 A16 は KissDN とセットで愚息に預けています。なんとなくその方が気が楽なのであります。A16 と EF28mm F1.8 なら ほほえましいコンビでしょうけど、A16 と EF35mm F2 と EF24mm F2.8 を持っているのは、なんとなく罪の意識を感じたりします。


f0091955_042193.jpg
Canon EOS 20D / Canon EF 24mm F2.8



上の写真は F8、下の写真はF3.5 で撮影しています。

開放からシャープというお話も聞くのですが、う~ん、私的には F3.5 からが実用です。リサイズ前提なら、開放でも使えないことはないです。「シャープ」というのも大切ですが、実はピント精度のほうが私としてはもっと重要事項です。

これがだめならとっとと売り飛ばしていることも考えられますが、チープな外観とチープなモーター音の割りに、35mm、24mm とも優秀です。特に35mmの精度にはかなり満足させられています、というか使っていて安心です。いくらUSMでもピント精度の悪いものはダメですよん。

初心者の私としては、何か問題があったときそれが機材のせいか、使いこなしのせいか判断に迷ってしまって困るのです。えてして機材を疑ってしまいがちですが、それがイヤなので、ある程度信頼できる機材を使いたいという気持ちがあるわけです。


さてこれで 20mm の神様が夢枕に御立ちにならなければよいのですが、どうなることは全く予断を許しません。ただ、なにかを売らないとお買い物が出来ない、いわば不自由な身の上、どうなりますことでしょうか?

24mm と 35mm これに下は10-22mm、上は28-75mm F2.8 (A09) か 55-200mm を所持すれば、なかなか軽めのスナップスタイルのいでたちとなります (^^)



55-200mm、一体これはなんじゃ???
ゲロしますと、買ってしまいました (^^;、いや本当は300mm が欲しかったので、70-300mm (IS なし)を試してみたのですが、なかなか使えません。三脚に乗せて目一杯伸ばしてみると、安物ゆえちょっと強い風が吹くと気持ち揺れてしまいまして、使えないと判断。でかいので持ち出しも、取り回しも不便と断定。

元々70mm スタートに違和感があったので、55mm スタートの軽いズームにしようと思い立ち、Canon、Sigma、Tamron の 55-200mm から Tamron 55-200mm F4-5.6 (A15) を選択しました。

Canon の USM が便利なのですが、見栄えが悪く値段が若干高い。
Sigma の 55-200mm は以前使っていて売り払ったものなので、買いなおしには抵抗があった。
Tamron はそもそも印象がいいし、なにより最短撮影距離が他のものより2~30cmほど短いのがよいです。またこのレンズは、55-135mm は開放が F4 ということなので、これも便利そうです(換算88-216mm F4 ということです)。

ということで行ってしまいました。これは結構満足度が高いレンズです (^^)

スナップ用途では以下のようなものからピックアップすることになりそうです (^^)
EF-S 10-22mm
EF 24mm F2.8
EF 35mm F2
EF 50mm F1.4
EF-S 60mm F2.8 Macro

Tamron 28-75mm F2.8 (A09)
Tamron 55-200mm (A15)

スナップ用としては大きさと軽さが重要なポイントです。そんななか A09 は510g もありまして、この中ではひときわ重いレンズになってしまいました。ズームの便利さと、写りには満足していますので使用機会がなくなるとは思えませんけど、比べてしまうと重い。撮影中は問題ないのですが、バッグに入れて担いでいる時は結構重く感じます。


では次はバックか???、
実は現在スナップ用のショルダーは DOMKE F-3x を使っているのですが、クランプラーはどうじゃいと、時々夢枕に御立ちになる神様がおわしまして、うなされることがありますのじゃ。

[PR]
by cantam | 2006-11-09 00:49 | ハード&ソフト or グッズ
Copyright © 2006-2010 cantam All Rights Reserved.


<< 児島湾北岸 四つ手網 帝釈峡の紅葉 >>

岡山県を中心に広島東部と兵庫西部、及び鳥取全域とその近隣を撮り歩いた撮りおろし写真帳です。主に自然風景と建造物を撮っています。

リンクはご自由にどうぞ。
コメントもお待ちしています。


Since 2006.3.12
Thank you!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
記事ランキング
タグ
(58)
(55)
(46)
(46)
(44)
(42)
(40)
(38)
(32)
(31)
(27)
(21)
(19)
(17)
(14)
(13)
(11)
(11)
(9)
以前の記事
2015年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
more...
カテゴリ
風  景 ・・・
・空、雲、星景
・山、森林
・滝、渓流
・田園、植物
・海岸、瀬戸内海
・春の風物詩:
・夏の風物詩:ホタル 他
・秋の風物詩:紅葉、雲海 他
・冬の風物詩:雪景、氷結 他
・町の風景、町の夜景
建 造 物 ・・・
・ダム、ダム湖
・アースダム、堰、堰堤
・近代建造物
・寺社仏閣、史跡 他
ハード&ソフト or グッズ
ひとりごと
ライブ
インデックスページ
検索
ブログジャンル