カテゴリ:・アースダム、堰、堰堤( 112 )
オシャレな堰堤
f0091955_3405668.jpg


新見市大佐町の大佐山へ上がる途中で発見しました。

ただの砂防ダムなのですが、左右にイラストが入っています。
左は和太鼓、右はハングクライダーです。和太鼓のほうはよく知らないのですが、岡山でハンググライダー、パラグライダーといえば大佐山でしょう。パイロット免許もここで取得するはずだったと記憶しています。
[PR]
by cantam | 2012-05-04 03:48 | ・アースダム、堰、堰堤
鳥取県日野町 鵜の池
f0091955_3122634.jpg
Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM


f0091955_3122551.jpg


f0091955_31225100.jpg


f0091955_3122526.jpg
Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)


鵜の池というのは、ダム便覧では掲載されていませんので「ダム」としては認定されていないと思われます。堰堤の堤高ははっきりしないのですが、15m はあるような気がしますが、定かではありません。使用目的は一部は水力発電で使用されています、中国電力の「車両立ち入り禁止」の看板がありますし、このふもとには水力発電所があります。

実はこの池の存在を知ったのは、二年ほど前、空撮の地図を眺めていたときでした。水力発電用の導水管がはっきりと見えます、そしてそばにキャンプ場があるらしく、そんなに厳重な場所でも無いと感じました。便があれば行ってみたいと思っていました。約2年かかりましたが、今回の滝行脚のついでに訪れてみました。

この池は以前からあったようで、鵜の池伝説なるものがあります。また県立公園にも指定されており、おしどりが生息しています。脇にある「鵜の池返還記念」という石碑にはいろいろ書かれているのですが、読みにくい。堰堤に関しては古くから築造されてきているとされ、飲用・灌漑等の多目的に利用されてきたと記されている。現在は水力発電にも使用されている。

現在の堰堤は、期待していたよりしょぼいというのが実感ではありますが、ところどころに曲線を用いたデザインはなかなかよいのではないかと思います。
[PR]
by cantam | 2011-10-16 03:27 | ・アースダム、堰、堰堤
岡山県高梁市 羽山渓の堰堤
画像をクリックすると別画面で拡大表示します
f0091955_19285674.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 70-200mm F4L IS USM


羽山渓を走っていると目に入ってきた堰堤です、水の流れがなかなかいい感じでした。
この角度では左右がかくれて見えていませんが、いわゆる普通の砂防ダムのようでした。

この手のものを見つけると、車を止めてしまいたくなるのはどうも病気のようなものかも知れない。
[PR]
by cantam | 2011-07-27 19:31 | ・アースダム、堰、堰堤
広島県福山市 大谷池
f0091955_1475639.jpg


f0091955_1475655.jpg


f0091955_1475756.jpg


f0091955_1475761.jpg


f0091955_1475847.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II LD


ここは四川ダムの上流に位置する大谷池、堤高は27mとされています。
見た感じも結構な高さがありましたし、到着するまでの谷は、南部としてはなかなか鋭利で鋭い渓谷でした。

特徴は洪水吐きの形、なんとも艶かしいこの形は天端をうろうろしていたくらいでは見えません。
右岸の端から少々ヤブコギしていけばフェンスの向こうにこのような洪水吐きが見えます。
残念ながら全景を見ることは出来ませんでした。
YahooMap の空撮写真で辛うじて形状を確認することはできるようです。
[PR]
by cantam | 2011-07-19 01:55 | ・アースダム、堰、堰堤
岡山県美咲町 荒畑池
f0091955_3165669.jpg


f0091955_3165795.jpg


f0091955_3165642.jpg


f0091955_3165747.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II LD


四反田池のさらに北、町境に近いところまで登ったところにある荒畑池(「こうはたいけ」との記載もあるようですが、地元の方は「あらばたいけ」と発音していました)。かなり立派な堤体で、役場台帳に記載されている堤高16mはどう少なく見ても低すぎます。これも話の中で、「高さが16mだそうですね」と話しかけると「そんなことはない、30mはあるぞ、イノシシよけの電線をはずしても構わないから行ってみて来い」と言っておられました。倍も違いますので確認する必要はあります。
注) 池の傍まで車で登ろうとすると、危険は感じませんが普通車ではやめたほうがいいです。

写真には上手く写っていませんが、堤高は、杉谷池(29m)か一方谷池(25m)くらいはあるような感じですので一声30mと言って大きく間違ってはいないと思います。
またこの池の堤体工事の様子の写真があるそうです。竣工時期は「不明」とされており、明治以前の竣工ではないかと思われますので、工事中の写真は改修(嵩上げ)工事ではないかと考えられます。ですが、このあたりの事情までは立ち入るのを控えました。

位置:北緯35度1分23秒、東経133度59分15秒


美咲町には未訪問が3~4ヶ所、他にも矢掛などには大きな池が数箇所あるのはわかっていますが、ひとまずこのあたりでひと段落付けさせてもらおうと思います。ほんとにキリがありません (^^)
[PR]
by cantam | 2011-06-15 03:16 | ・アースダム、堰、堰堤
岡山県美咲町 四反田池
f0091955_373978.jpg


f0091955_374062.jpg


f0091955_374039.jpg


f0091955_374169.jpg


f0091955_374192.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II LD


こちらは四反田池、ダム池ではありません。住宅地図で示された場所を間違えて探し当てた池です。
この近所の方に聞いたところではこのあたりではここしか池はないそうです。以前は他にも2~3の池があったが、今は使ってないということでした。国土地理院の地図でもすぐ北に3ヶ所の池が記載されています。

私はてっきりここが地図で示された「2号与太郎池」だと思っていましたが、地元の方は「よたんだいけ」と呼んでいると教えられました。四反程度のたんぼをまかなうことが出来る水量だろうということだそうです。

ということで、せっかくですから掲載することにしました。

位置:北緯35度1分1秒、東経133度59分22秒

[PR]
by cantam | 2011-06-14 03:06 | ・アースダム、堰、堰堤
岡山県美咲町 2号与太郎池
f0091955_2445961.jpg


f0091955_2445960.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II LD


与太郎池には2号があります。
「第二」とならず「2号」という響きに違和感を感じますが、ますます「与太郎池」に興味が沸いてきます。こちらも役場で確認しましたところ、住宅地図で場所を教えられました。その場所は「与太郎池」からは大きく外れていまして、長万寺の上流になります。さらに住宅地図、YahooMapでは池の記載がありますが、国土地理院の地図には池の記載がありません。さらにさらに、役場のため池台帳では、与太郎池、2号与太郎池、どちらも「ゆきざね川水系」となっていますが、教えられた位置ではこの後紹介する荒畑池と同じ「こよお川水系」となりまして、いろいろと矛盾があります。

実際のその集落に行って現地の方に確認しましたところ、住宅地図にあるような池はないようだ。そして「与太郎池というのは聞いたことがある、『よたろうさんちの池』だったような気がする。2号与太郎池というのは聞いた事もないし少なくともこのあたりにはないが、『よたろうさんち』には池が二つあったようなことも聞いたことがある。」

というような情報を総合して、このブログでは2号与太郎池の位置を暫定的に下記とさせて頂きます。
この池と先の与太郎池とは天端がつながっていて歩いて隣の池に行けます、「2号」にふさわしい位置関係です。

堤高:役場17m、農政局17m (見た目にも、そのくらいはあると思われます)

位置:北緯35度0分25秒、東経133度57分55秒
[PR]
by cantam | 2011-06-13 03:04 | ・アースダム、堰、堰堤
岡山県美咲町 与太郎池
f0091955_2315956.jpg


f0091955_232066.jpg


f0091955_232094.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II LD


旧中央町の池、与太郎池、旭川水系ゆきざね川 とされています。
私がこの池のことを知ったのは、ネット上の農政局のデータを見ていた時だった、なんともいい感じの名前ではないでしょうか「与太郎池」。上方落語では、大体与太郎という人物は、憎めないながらもどこか間の抜けた人物とされている。その響きがそのまま付けられている池は、憎めないながら役に立たない池か、はたまた与太郎さんという憎めない人物が所有していた池か、考えれば考えるほどどんな場所か診てみたくなって仕方がありませんでした。

ということで、役場に行って場所を確認しました。
すぐに分ったその場所は、残念ながら何の変哲もないただの池でした。
最近立派な農道がついているので、アクセスはとても楽ですが、以前はなかなか訪れる事も困難な場所だったろうと思われます。

堤高:役場データ19m、農政局データ15m

位置:北緯35度0分27秒、東経133度57分50秒
[PR]
by cantam | 2011-06-12 02:39 | ・アースダム、堰、堰堤
岡山県美咲町 長万寺池
f0091955_22184165.jpg


f0091955_22184112.jpg


f0091955_22184074.jpg


f0091955_22184272.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II LD


ここは旧中央町の山の中にある長万寺池。堤高は15m未満なのは確かですが、具体的な数値を台帳で見た覚えはあるのですが、なんとも失念しました。というのもこの池は15m未満だったので対象外だったのです。ですが、実際この地へ来て地元の方のお話を聞いているうちに、撮って帰ることにしました。

地元の方にとっては重要な池という感を受けました。
今では立派な農道が出来ていますが、それが完成するまでは、道も相当厳しかったのではないかと思われます。

堤高は、見た目ですが、約11mとさせていただきます。

位置:北緯35度0分44秒、東経133度58分55秒
[PR]
by cantam | 2011-05-31 22:35 | ・アースダム、堰、堰堤
岡山県久米南町 座頭池
f0091955_21103519.jpg


f0091955_21111180.jpg


f0091955_21111073.jpg


f0091955_21103644.jpg


f0091955_21103637.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II LD


細々と継続している池シリーズですが、もうそろそろ終焉を迎えようとしています。

こちらの座頭池は以前舟木谷池を探していた時に立ち寄っていたのですが、リストアップしていなかったので
きちんと撮影していませんでした。
その後、建部町の台帳で堤高16mとの記載を発見しましたので、改めて撮影に来ました。
所在は久米南町になりますが、建部町にも受益者がいるということで、建部町のため池台帳にもリストアップされていました。

位置:北緯34度54分49秒、東経133度54分49秒
[PR]
by cantam | 2011-05-30 21:17 | ・アースダム、堰、堰堤
Copyright © 2006-2010 cantam All Rights Reserved.



岡山県を中心に広島東部と兵庫西部、及び鳥取全域とその近隣を撮り歩いた撮りおろし写真帳です。主に自然風景と建造物を撮っています。

リンクはご自由にどうぞ。
コメントもお待ちしています。


Since 2006.3.12
Thank you!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
風  景 ・・・
・空、雲、星景
・山、森林
・滝、渓流
・田園、植物
・海岸、瀬戸内海
・春の風物詩:
・夏の風物詩:ホタル 他
・秋の風物詩:紅葉、雲海 他
・冬の風物詩:雪景、氷結 他
・町の風景、町の夜景
建 造 物 ・・・
・ダム、ダム湖
・アースダム、堰、堰堤
・近代建造物
・寺社仏閣、史跡 他
ハード&ソフト or グッズ
ひとりごと
ライブ
インデックスページ
最新のコメント
> taro さん ..
by cantam at 19:58
> need-wish ..
by cantam at 19:54
もしよかったら教えて頂き..
by taro at 00:01
初めまして。昨年、こちら..
by need-wish at 21:35
> 住人さん コメ..
by cantam at 19:24
西大寺軽便鉄道の岡山側の..
by 住人 at 07:58
> カオス さん ..
by cantam at 22:24
cantamさん、ようこ..
by カオス at 16:53
> bernardbu..
by cantam at 20:17
糸のような水の繊細さが良..
by bernardbuffet at 07:45
タグ
(58)
(55)
(46)
(46)
(44)
(42)
(40)
(38)
(32)
(31)
(27)
(21)
(19)
(17)
(14)
(13)
(11)
(11)
(9)
以前の記事
2015年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
more...
ブックマーク
Excite Blog RSS

--- Photo blog or site
・Xylocopal's Photolog
・ひょうたん*カメラ。
・photo poisoning
・casual-scene
・100-400ISの部屋
・フォトたま生活
・フォトログ by ほりりん
・スパイシ~・ホットコーラ
・スマシゲ!
・気ままにPHOTO

・のうてんき雑記帳
・HP放置日記。
・ダカフェ日記

・カメラマンへの道
・Photo of the Day

--- Friend's Blog or site
・Paul McCartney
 Texan Report

・「1/fゆらぎ」で行こう・・・
・自由きままな写真帳
・Kissy's
・野乃花
・That's Life
・OrdinaryGuitarLife Annex
・尾道ロハス紀行
・はじめの花鳥風月庵
・お気に召すまま伝言板

--- Information site
・日本地図 (MapionBB)
・日本地図 (Mapfan)
・日本地図 (Yahoo Map)
・日本地図 (国土地理院)

・NEXCO西日本
・えきから時刻表 岡山駅
・おかやま旅ネット
・天気予報 (岡山南部)

・岡山県の自然百選
・おかやまの自然公園

・ダム便覧
・中国観音霊場

・ウィキペディア
・国語・英和・和英 辞書
・コンピュータ用語辞典
・翻  訳
・回線速度テスト

--- Maker site
・Canon EOS Digital
・Nikon
・PENTAX
・Olympus
・Panasonic DC
・SONY DC
・RICOH

・Tamron
・Sigma

・Kenko
・MARUMI
・Velbon
・Slik
・Etsumi
・Hakuba
・Tamrac
・Lowepro

・Canon Creative Park
・Canon Flash Work
・Canon Color Management
・Canon CMOS Sensor
・Canon Camera Museum

--- Review site
・デジカメ Watch
・デジカメinfo
・EOS D-SLR Net

・GANREF
・DxO Mark
・PhotoZone
 Lenz Reviews

・the DigitalPicture.com
 Lenz Reviews

・Imaging resource
 Compare Sample Images


・価格Com. Canon_DSLR_All
・価格Com. Canon_Lenz_All


------------------------
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはご遠慮ください。
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧