カテゴリ:・海岸、瀬戸内海( 40 )
瀬戸内紀行 #10 岡山干拓地の夜景
f0091955_1423432.jpg


f0091955_1423158.jpg


金甲山からの撮影です、夕日に照らされた後はちょっと寂しい夜景になってしまいます。
もう少し光の数が欲しいところですが、なんせたんぼばかりですから。。。
[PR]
by cantam | 2012-10-15 01:44 | ・海岸、瀬戸内海
瀬戸内紀行 #10 高松の夜景
f0091955_2573060.jpg


金甲山から眺めた直島と高松(西部)の夜景です。高松空港がはっきりと判ります。
船の往来が少ないのがちょっと残念ですかね。
[PR]
by cantam | 2012-10-13 02:59 | ・海岸、瀬戸内海
瀬戸内紀行 #9 岡山干拓
f0091955_5135553.jpg


金甲山から見る岡山の干拓の状況です。これで南半分で、北半分までは写せませんでした。
元々海だったところを埋め立てて水田にしたものです。江戸時代から昭和時代にかけて大規模な干拓が行われてきました。

実は某出版社から、「小学生向け小冊子に載せるために岡山の干拓の様子が判る写真を提供して欲しい」との依頼がありまして、いいのか悪いのかここ金甲山から撮った写真を提供しました。今春発刊されたその本は今手元にありますが、空撮が多いようなのでちょっと気が引けます。

その本の中でも「かつて沖にあった児島は、干拓で陸続きになりました」と紹介されています。


掲載した写真は露出が多少違う2枚の写真を無理やりくっつけていますので、見苦しいです。
素直にSONYのスウィングパノラマにお任せしたほうが良かったかも。。。
[PR]
by cantam | 2012-10-10 05:30 | ・海岸、瀬戸内海
瀬戸内紀行 #7 久々井
f0091955_4535649.jpg


f0091955_4535514.jpg


f0091955_4535751.jpg

久々井からも小豆島、犬島がよく見えます。ちょっとややこしい道を海岸線に沿って東へ進むと海際まで出られます。残念ながら高台から眺められるような場所がないのですが、人気も少なくのんびりするには最高の場所かもしれません。
[PR]
by cantam | 2012-09-25 04:57 | ・海岸、瀬戸内海
瀬戸内紀行 #6 山神山
f0091955_324404.jpg

f0091955_3243128.jpg

f0091955_3243126.jpg


宝伝の東に久々井と言う漁村があります、中学校の頃はここまで釣りに来ていた友人が何人かいました。自転車で行くには遠く、峠もきつい場所です。その峠の近くに山神山(やまのかみやま)という山があり、そこに宗教団体ほんぶしんの神山清浄苑という園地のような施設があります。そこから眺めた光景で、久々井の港の沖に犬島全体を見渡すことが出来ます。残念なのは目の前に高圧線がぶら下がっていることですかね。

ちなみにほんぶしんの本部はこの北数キロの場所にあります。そしてこの神山清浄苑という施設は、誰でも自由に入ることが出来ます。管理人さんがいればひとこと挨拶をしていけば大丈夫のようで、フリーで散策できるとのことです。かなり広い施設の割には海のほうを眺めることが出来るのは限られています。気候さえよければ気持ちよく散策できます。
[PR]
by cantam | 2012-09-19 03:35 | ・海岸、瀬戸内海
瀬戸内紀行 #5 宝伝
f0091955_1521711.jpg


f0091955_1521627.jpg


f0091955_1521863.jpg


f0091955_152176.jpg


宝伝は岡山市になります、東宝伝と西宝伝があって、東には犬島への船乗り場がありまして、西には海水浴場があります。今回の写真はその港と海水浴場あたりから撮ったものです。小豆島が左方向に、犬島が右方向の目の前に見えます。

犬島は以前は精錬所がありましたが、今は煙突しか残っていません。2010年に開催された瀬戸内芸術祭の会場の一つにもなっています。2013にも芸術祭が開催されるらしいので、できれば都合をつれてご来場いただきたいものです。船に乗って島から島へとアート見物というのもいいものですよ。

山の上の立っている白い像は小豆島の観音様です。淡路島にも同じようなものがあったように記憶しています。
[PR]
by cantam | 2012-09-14 01:54 | ・海岸、瀬戸内海
瀬戸内紀行 #4 子父雁
f0091955_3592022.jpg


f0091955_3592230.jpg
Canon EOS 60D / Canon EF-S 55-250mm F4-5.6 IS


瀬戸内市の西脇海岸と岡山市の宝伝の間に子父雁という小さな村がある、この村のすぐ北の峠道を通っていると、狭い範囲だが瀬戸内海がよく見える。出来れば高台から眺めたい景観だがなかなか適当な場所がない。少ないながらこの峠道から見る景色がこんな感じ。

四国の五剣山もよく見える。この山はこの角度から見ると五つの剣に見えるが、もっと東(たとえば王子が岳)から見ると北アルプスの槍ヶ岳のように見える。海に横たわっている平たい島は小豆島と豊島の間にある小豊島という小さい島。小豆島の土庄を発着するフェリーが行き来するのがよく見える。二枚目右端の台地は、これが屋島です。
時間がゆっくり過ぎていく気分に浸れ、のんびりできる景観だと思う。
[PR]
by cantam | 2012-09-11 04:10 | ・海岸、瀬戸内海
瀬戸内紀行 #3 西脇海岸
f0091955_213252.jpg
Canon EOS 60D / Canon EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS

牛窓ペンションビレッジから海岸沿いの峠を越えると西脇海水浴場にでます。写真言うと奥の丘の上にあるのがペンションの一部です。その先はサカケノ鼻と呼ばれる岬です。比較的人が少ない割りに砂浜は広いので、ここにはよく来たものです。この海岸からは小豆島が目の前に見えます。


f0091955_213276.jpg
Canon EOS 60D / Canon EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS

海岸は南東方向に向いています、東のほうに目をやると、サカケノ鼻の右に黒島と黄島が重なるように見えます。これらは前島のすぐ南にある小島です。そして海を隔てて小豆島の西端が見えます。奥域がかなり違うので、距離は結構あります。
この島の間の向こうには淡路島が横たわっていますが、ダルマ太陽を見ることもできるのではないかと思います。時期的には10月初旬と3月初旬にこの位置に日が昇ってきます。


f0091955_21332.jpg
Canon EOS 60D / Canon EF-S 55-250mm F4-5.6 IS

向こうに見えているのは小豆島の北西部です。島のようなものが3つ見えると思いますが、左から千振島、沖ノ島、葛島だと思います。沖ノ島は瀬戸の花嫁の歌詞のきっかけとなったとされる島です。
その向こうに見える低い尾根は小豆島、この向こうに土庄港があって、一番奥の高い小山は小豆島の西端にある大深山でしょう。

もっと西に目をやれば香川の五剣山も見えるのですが、小豆島から西は西脇から一山越えた宝伝から見たほうがよさそうです。
[PR]
by cantam | 2012-09-08 02:23 | ・海岸、瀬戸内海
瀬戸内紀行 #2
f0091955_7111440.jpg


f0091955_7111581.jpg


f0091955_7111475.jpg
Canon EOS 60D / Canon EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS


牛窓西部の蓬崎、牛窓新八景の一つにも数えられているこの岬には牛窓ペンションビレッジという場所があり、海沿いの高台に数件のペンションが軒を連ねている。脇に逸れると別荘も立ち並んでいるようだ。

上の看板にもあるようにここは1970年代後期に開設された、免許を取って間もない頃このペンションには何度も訪れたものだ。と言ってもコーヒーを飲んでしゃべって帰るだけという感じでだった。記憶によると近畿圏から来ている人が多いと聞かされている。

プールの向こうに見えるのは小豆島だ。左の端には白い大観音像が見えているので間違いない (^^)

自称日本のエーゲ海と称して観光に力を入れている牛窓の中では今ではちょっとマイナーになってしまった感も否めないが、雰囲気や景観は海岸線のドライブを楽しむついでに寄ってみて損はしないだろう。
[PR]
by cantam | 2012-09-06 07:19 | ・海岸、瀬戸内海
瀬戸内紀行 #1
f0091955_2453456.jpg
Canon EOS 60D / Canon EF-S 55-250mm F4-5.6 IS


私にとって瀬戸内海といえば最も身近な国立公園でありまして、あまりにも身近過ぎるのでついつい見過ごしてしまいがちです。全国的に見ればそれなりに風光明媚な場所ではありますが、どうも軽んじているような気がしております。個人的には見慣れているというか見飽きているというか、まあそんなところなのですが、今一度見直してみようかと思っております。

調べてみれば瀬戸内海国立公園は、雲仙天草国立公園と霧島屋久国立公園とともに1934年にわが国初の国立公園として指定されたということです。当時は岡山・香川・広島東部という比較的狭い範囲(いわゆる備讃瀬戸)だったということです。備讃の備は備前備中備後を指し、讃は讃岐を指すものでしょう。それが今では東は和歌山から西は大分福岡まで拡がっているようです。
しかしながら当初の指定範囲はいわゆる吉備の国の範囲に近いものだということを改めて知り、なんだか親近感を持てるような気がしてきました。

さて瀬戸内海といえば瀬戸の花嫁という曲を思い浮かべる方も多いと聞きます。かの小柳ルミコさんのデビュー曲ですが、当時中学生だった私は数十年後のことを想定する事などできるはずもなく、天地真理にぞっこんでしたので全く気になってはおりませんでした。
あるときその曲の中の主人公のお嫁さんはどこの島からどこの島にお嫁に行ったのか、ちょっと気になったことがありまして、勝手にあの詩の舞台は広島の因島か愛媛の伯方島あたりのことだろうと思っておりましたが、元々のきっかけは小豆島の沖ノ島というところだったそうです。そこで渡し舟に乗って嫁いでいく花嫁さんが主題だったようですが、全体的には創作だと思います。

そんなことを思い浮かべながら、改めて瀬戸内沿岸をロケハンを兼ねて撮影してみようかと思います。海沿いでは日の出前~朝日とか夕日のタイミングが美しいとされていますが、時間的な制約もあるのでどこに行けばどんな景色が見えるのか、それを主眼にしたスナップに近い擬似風景写真を掲載していこうかと思っています。身の回りが少々騒々しいのでいつまで続けられるか判りませんが、東は赤穂岬、西は尾道あたりまでをぶらぶらしていこうかと考えています。


第一回目の景色は牛窓港から対岸の前島に渡る渡し舟的フェリー。左が牛窓、右が前島、沖に出て180度回ればすぐ対岸に着いたような気がするのですが、見ていたら、ものの五分程度でしょうけどちゃんと航行していました。これは牛窓ヨットハーバーの西の丘の上から見るのがいいと思いますが、今回は牛窓ペンションビレッジの入り口あたりから撮っています。下の写真で手前のほうにある海岸沿いに、子供の頃は潮干狩りによく来たものです。

f0091955_3221451.jpg
Canon EOS 60D / Canon EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS

[PR]
by cantam | 2012-09-03 03:34 | ・海岸、瀬戸内海
Copyright © 2006-2010 cantam All Rights Reserved.



岡山県を中心に広島東部と兵庫西部、及び鳥取全域とその近隣を撮り歩いた撮りおろし写真帳です。主に自然風景と建造物を撮っています。

リンクはご自由にどうぞ。
コメントもお待ちしています。


Since 2006.3.12
Thank you!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
風  景 ・・・
・空、雲、星景
・山、森林
・滝、渓流
・田園、植物
・海岸、瀬戸内海
・春の風物詩:
・夏の風物詩:ホタル 他
・秋の風物詩:紅葉、雲海 他
・冬の風物詩:雪景、氷結 他
・町の風景、町の夜景
建 造 物 ・・・
・ダム、ダム湖
・アースダム、堰、堰堤
・近代建造物
・寺社仏閣、史跡 他
ハード&ソフト or グッズ
ひとりごと
ライブ
インデックスページ
最新のコメント
> taro さん ..
by cantam at 19:58
> need-wish ..
by cantam at 19:54
もしよかったら教えて頂き..
by taro at 00:01
初めまして。昨年、こちら..
by need-wish at 21:35
> 住人さん コメ..
by cantam at 19:24
西大寺軽便鉄道の岡山側の..
by 住人 at 07:58
> カオス さん ..
by cantam at 22:24
cantamさん、ようこ..
by カオス at 16:53
> bernardbu..
by cantam at 20:17
糸のような水の繊細さが良..
by bernardbuffet at 07:45
タグ
(58)
(55)
(46)
(46)
(44)
(42)
(40)
(38)
(32)
(31)
(27)
(21)
(19)
(17)
(14)
(13)
(11)
(11)
(9)
以前の記事
2015年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
more...
ブックマーク
Excite Blog RSS

--- Photo blog or site
・Xylocopal's Photolog
・ひょうたん*カメラ。
・photo poisoning
・casual-scene
・100-400ISの部屋
・フォトたま生活
・フォトログ by ほりりん
・スパイシ~・ホットコーラ
・スマシゲ!
・気ままにPHOTO

・のうてんき雑記帳
・HP放置日記。
・ダカフェ日記

・カメラマンへの道
・Photo of the Day

--- Friend's Blog or site
・Paul McCartney
 Texan Report

・「1/fゆらぎ」で行こう・・・
・自由きままな写真帳
・Kissy's
・野乃花
・That's Life
・OrdinaryGuitarLife Annex
・尾道ロハス紀行
・はじめの花鳥風月庵
・お気に召すまま伝言板

--- Information site
・日本地図 (MapionBB)
・日本地図 (Mapfan)
・日本地図 (Yahoo Map)
・日本地図 (国土地理院)

・NEXCO西日本
・えきから時刻表 岡山駅
・おかやま旅ネット
・天気予報 (岡山南部)

・岡山県の自然百選
・おかやまの自然公園

・ダム便覧
・中国観音霊場

・ウィキペディア
・国語・英和・和英 辞書
・コンピュータ用語辞典
・翻  訳
・回線速度テスト

--- Maker site
・Canon EOS Digital
・Nikon
・PENTAX
・Olympus
・Panasonic DC
・SONY DC
・RICOH

・Tamron
・Sigma

・Kenko
・MARUMI
・Velbon
・Slik
・Etsumi
・Hakuba
・Tamrac
・Lowepro

・Canon Creative Park
・Canon Flash Work
・Canon Color Management
・Canon CMOS Sensor
・Canon Camera Museum

--- Review site
・デジカメ Watch
・デジカメinfo
・EOS D-SLR Net

・GANREF
・DxO Mark
・PhotoZone
 Lenz Reviews

・the DigitalPicture.com
 Lenz Reviews

・Imaging resource
 Compare Sample Images


・価格Com. Canon_DSLR_All
・価格Com. Canon_Lenz_All


------------------------
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはご遠慮ください。
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧