カテゴリ:ハード&ソフト or グッズ( 92 )
RICOH PX 買っちゃった
f0091955_22312548.jpg


コンデジの使用用途は人それでしょうが、私の主な使用目的は「記録」です。
滝とかダムとか、あちらこちらに出かけています。一眼レフで三脚を立てて撮るぞというまでは行かずとも、道中や撮影ポイントの周辺の状況、はたまた案内看板など記録しておきたい場面はしばしばあるものです。それを全部一眼でRAWで撮るのはめんどくさい、リュックから降ろすだけでもめんどくさいものです。そういうとき用のコンデジです。

今使っている SONY T9 が壊れかけているので急いで調達したのは RICOH PX、なんじゃそりゃ?というくらいマイナーなカメラです。
PX というのは防水カメラで、屈曲式のレンズのためレンズが飛び出しませんし、結構丈夫なカメラです。新品で8300円という値段と外観デザインに釣られてポチッてしまいました。
実は Canon S100 を狙ってはいたのですが、明らかに値段的にムリです。安くなったとはいえ、S100 は新品で30000円強、オクでも30000円弱、一歩譲って S95 でもオクで20000円、情けない話ですがムリです orz 予算としては一万円まで。実はちょっと前に SONY TX5 の再調整品(基板など内部全交換品)を10000円弱で買っていたのですが、これは愚娘にせがまれて譲ってしまいました。

振り返ってみるとコンデジは案外たくさん買ってきたように思います。
・Canon IXY600:鮮やかに写るのですが、飽きたのでオクで売りました。
・Canon IXY200F:無難に写るのですが、飽きたのでオクで売りました。
・Pnasonic LX3:愚息に譲りました(現役)。
・RICOH GX100:愚息に譲りました(現役)。
・RICOH GX100:愚息に譲ったので中古を買いなおしました。買値で売れました。。。
・RICOH GX100:またまた中古を買いなおしました。買値以上で売れました。。。
・RICOH CX4:愚妻に買ってあげました(現役)
・SONY T9:壊れました (xx)
・SONY T9:壊れかけています (xx)
・SONY TX5:愚娘に譲りました(現役)

使い勝手は SONY TX シリーズがよいのですが、中古で買うのはどうも気が引けます。簡単に壊れそうなんですよね。新品はお金が足りません。画質は Canon S100 がよさそうなのですが、中古でも安くはならないどころか、こちらもお金が足りません。ほとんどあきらめ気分で価格コムをぶらついていると、新品で8300円!!、ウソでしょ (^_^)、ちょっと調べて即日ポチリでした。

f0091955_22312261.jpg


RICOH のカメラというのは、上記の歩みを見てもらえば判るように、個人的にはスキなのです。
特徴がはっきりしているということと、使い勝手がよろしいということです。一番欲しいコンデジは GRD なのですが、ちょっと高すぎますのであきらめもつきます。
使ってみた GX100 はISO200でもノイズまみれで、動作もグズなのですが、時々すばらしい画像を提供してくれるのでなかなか未練のあるカメラでした。CX4は新品激安で買ったのですが、接写と望遠がすばらしいカメラで、かあちゃん好みの仕様です。
画質は比較的地味というかニュートラルな印象です、いわゆる一般のコンデジとは違う大人の画質と申し上げておきましょう。
使い勝手・設定についてはたぶんトップクラス、パナソニックも悪くないですが、RICOH のほうがスキですね。バッテリー、充電器が CX4 と共通というのもありがたいです。特に PX には充電器がついていなく、本体に USB 直結で充電するという仕様になっているので、CX4 の充電器が使えるのは助かります。
弱点は高感度に弱いということ、PX は GX100 に比べると比較的頑張っているとはいえISO800が限界です。最近流行の裏面照射CMOSセンサーのTXシリーズなどの足元にも及びません。

そんなこんなの RICOH の防水カメラですが「記録」だけなら大丈夫だろうと安易に考えています。TX に比べるとちょっと大きいのですが、あまり誰も持っていないだろうというのが気分的には満足なところです。

f0091955_2317186.jpg
RICOH PX ISO1450

これは軽くNRを掛けています、ひと手間掛ければ ISO1600 でもつかえないことはないでしょうか。
写りは渋めでニュートラル、WBはちょっと癖があるかもしれません。高コントラスト高彩度を望む方には、デフォルトの画像はお気にめさないと思われます。

f0091955_23294613.jpg
RICOH PX ISO480

こちらはソフトフィルターモードで撮ってそのままリサイズです、たまにはこんなのもワイルドでよさそうです。
[PR]
by cantam | 2012-07-17 00:30 | ハード&ソフト or グッズ
Canon EF20mm F2.8 USM
f0091955_0182140.jpg
Canon EOS 60D / Canon EF 28mm F1.8 USM


中古ですが、比較的新しいタマを探して購入しました。
マップカメラで42800円、ちょっと高いのですがオークションよりは安心、安心料5000円と思えばまあ納得です。フードとキャップにスレがありますということでしたが、私的にはないに等しいものです。しかし頼んでいないにもかかわらず、1Dx のカタログまで同梱されていたのは参りました。。

なぜ新しいものを希望するのかというと、これも安心感なのですが、設計が古いものでもコーティングなど微妙に仕様変更してデジタル対応していると信じ込んでいます。EF28mm/F1.8 をオークションで入手したことがあるのですが、これがひどいタマでした。F5.6 まで絞ればいい写りをするのですがF4以下ではかなり激しい色収差が発生し、ピンも大甘でピン調整に出しても改善されませんでした。筐体の形状が2種類ある(前期型と後期型)ということ、F2.5まで絞れば結構シャープなタマもあるよという情報を信じ、新品を買いなおしたらあらフシギ、まずまず納得の写りを得ることが出来ました。

そんな経験から、レンズは新しいもののほうが良いと信じ込んでいます。鉛入りのレンズとか、放射能を発生するレンズとか、そのあたりの話までは至らない範囲での話です。で、今回購入したのは取説がCDタイプのもので、2008年以降製造のものらしいです。Lレンズでないので明確な製造年はよくわからないようですね。

20mm といえば超広角ですが開放F2.8というのは暗いです。シグマには一万くらい安く手に入る20mm/F1.8という一段以上明るいレンズがあります。にもかかわらず、明るいレンズが欲しいにもかかわらず、高いお金を払って暗い単焦点レンズを買うのか?

個人的なトラウマかもしれませんが、シグマの広角はピンが不安なのです。純正でしたら、5D2 でつかうならマイクロアジャストメントという単焦点では圧倒的な保険があります、また超広角の特徴の周辺減光や歪曲もDPPで対応可能です。
f0091955_0182177.jpg
左:DPPで無加工現像、右:DPPで歪曲・周辺減光対応後


そもそも明るいレンズを求める理由は暗い場所での撮影のためです。人物撮影とか、背景ボケを目的としたものではありません。
ですので、できるだけ広角で明るいほうがいいのですが、EF24mm/F1.4 とか、EF14mm/F2.8、EF16-35/F2.8 などのLレンズは値段的に対象外です。ですので、Tokina 11-16mm/F2.8 を最初に入手しました。テレ端の 16mm はフルサイズでも使用可能という触れ込みでしたが、これは全くダメ。ケラレはほぼありませんが、周辺の写りはボロボロで EF17-40 の周辺にさえ遠く及ばないと感じましてあきらめました。その後、Samyang 14mm/F2.8 を入手しました。これは多少の歪曲はあるものの、写り自体は悪くありませんでした。ところが暗い場所でフルマニュアルで使うのは私にはムリ、ライブビュー10倍でのマニュアルフォーカスも私の視力ではストレスがあり、結局マニュアル操作が大好きな愚息に持っていかれました(愚息に最初に与えた機材は Carl Zeiss Jena Tessar 50mm F2.8 on KissDN でした)。
そういう散財を経て再度明るい広角としてリストアップしたのは、Tamron 17-35/F2.8-4(A05)、EF20mm/F2.8、Sigma 20mm/F1.8 でした。いろいろ思うところはありましたが、コストパフォーマンスとしては最悪ですが、DPPをあてにして純正 EF20mm/F2.8 を選択しました。このレンズを使いこなせなければもうあきらめるしかないかもしれません。

暗い場所での撮影で必要な設定というのは、具体的にはこんな感じです。
1.ゲンジボタルの撮影:ISO1600、F4、(30sec.)
2.ヒメボタルの撮影:ISO3200、F2、(30sec.)
3.星景:ISO3200、F2.8~F4、20~60sec.
4.天の川:ISO3200、F2~F2.8、20sec.

お察しの良い方はわかるでしょうが、本体を 5D3(ISO6400常用可能) にリプレースすればレンズのことはあまり気にしなくてもよさそうなのです。それはそう思ってはいるのですが、そう簡単に買えるわけはありません。そこまで考え込んでしまえば4万円のレンズはそう高くは無いと思えてくるから困ったものです。そんな葛藤を知ってか知らずか、こっそりと 1Dx のカタログを同梱してくるカメラ店の見立ては正しいと思いますが、先見の明があると申し上げることはできないでしょう。
[PR]
by cantam | 2012-05-03 00:38 | ハード&ソフト or グッズ
撮影のための補助機材
なかなか撮影にいけない状況なのでコネタを一つ、

昼間だけでなく夜な夜な撮影に出ることがあるのですが、そのときの小道具のご紹介。
まずはライト、昔で言うところの懐中電灯、今では全部LEDライトです。
f0091955_011746.jpg


左から、
LED Lenser T7 (200ルーメン) --- 約3500円
 最大照射能力でスポットにすれば100mくらいは届く、ワイドにすれば足元周りは昼間並みの明るさ。
 でも持続力は90分程度と短いのが難。 明るさは二段階(High・Low)があるので通常はLowでも十分。
 ちょっと重くて太いので、使い道を選ぶハイパワーのライトです。単四4本仕様。
 エネループを使うと、やや明るさが落ちるような気がします。実用上は問題ないですが、届く距離が短いような。

GENTOS 閃 325 (150ルーメン) --- 約2600円
 単四3本仕様で、そこそこ明るい。実用レベルの持続力は10時間と十分実用的。
 軽くて小さくて、首にかけてもポッケに入れても大丈夫。エネループ正式対応品でおすすめ。

LED Lenser V-square Micro --- 500円
 単四1本仕様、キーホルダーにつけても大丈夫なくらい小さくて軽い。
 実は私、このライトでLEDにはまってしまいました。機能はないが、均一で明るい光は癖になる。

PETZL TIKKA-Plus 2 --- 約5000円
 単四3本仕様のヘッドライト。ボタンが一つで点灯種類は5パターン。それでいて使いやすい。手袋していても大丈夫。
 本格的登山用品ということらしいので、思い切って買いました。
 使い勝手はとてもいいのですが、点灯時、真下にも光が拡散してメガネをしていると非常に眩しい。

正式にエネループに対応しているのは 閃 325 だけですが、全部エネループを使ってます。



そしてレンズヒーター、単三エネループ8本使用で6~8時間使用できます。
カメラが二台あるので、一応2セット持ってます。エネループは16本ということになります。
f0091955_011862.jpg


まだあまり使い込んでいないのですが、寒い時や、長時間露光する時、また長時間三脚にカメラを装着しておく時にはこれがあったほうがいいです。結露を防ぐ効果が絶大です。
さすがに、氷点下で飛沫のかかるレンズの氷結は防げませんでしたが、写真には大きな影響は出ませんでした。

興味のある方はこちらで購入できます、通販を受けてくれるのでもしよろしければどうぞ。




そして忘れちゃならない移動機材?、Jimny Sierra JB43W。いくらか装備はつけましたが、ド・ノーマル仕様です。
車本体は九州から、スタッドレスタイヤは宮城県からやってきました。どちらもオークションです (^^;
f0091955_01178.jpg


ついでに宣伝しておきましょう、買ったのはこちらの整備工場です。愚息のジムニー(JA12W)もこちらで買いました。
もうかれこれ15年近い付き合いで、私のCRVを30万キロ走らせる整備のほとんどをお願いしました。

さてこの車、ジムニーシエラに乗り出してまだ一ヶ月、距離にして2000km ですが、感想だけ書いておきましょう。
前に乗っていた車が2000ccのCRVですから、そしてそれに15年30万キロ乗ってきましたので、どうしてもCRVと比べてしまうのであまり客観的ではないかも知れません。

× 聞かされてはいたけれど、一にも二にもパワー不足が不満ですね (^^;
上り坂でのストレスもさることながら、加速がどうもかったるいです。シフトアップのタイミングとアクセルワークがまだ上手く出来ていないことも否めませんが、DOHCエンジンという割には回らない(ホンダのOHCのほうが回るんじゃないかな)のと、低回転(2000~3000回転)でのトルク不足感はいかんともしがたいです。
3000回転付近で走ればそこそこ気分いいのですが、燃費がね~。それにうるさいし、走らせる車じゃないし (^^;
アクセルワークの感覚はこんなものを装着したら、いくらか改善しました。でもアクセルワークだけでシフトアップを意のままに操れるようになるにはもうしばらくかかりそうです。
体感的なパワーアップにはマフラー(エキマニ)の交換が効果があるとのことですが、車検がどうなのかな。。。 (^^;

× 乗り心地が悪いのは、結構体に堪えます。
前後ともリジッド(車軸式:左と右のタイヤが軸でつながっている)サスペンションなので、左が上がれば右が下がる、という具合で衝撃が二倍になる感覚。また乗り上げる時には、馬が後ろ足で蹴るような感じでピョンピョン跳ねる感じの乗り心地。それと舗装路の凹凸はよく拾って、車体は結構にぎやかに揺れます(ところが未舗装路では案外乗り心地がよかったりする)。
四独(四輪独立懸架)に慣れきっている人はこの振動はきついでしょうけど、私など今回で10代目の車ですが、四輪独立懸架の車は2台しかありません (^^; 一番最初に乗った Gallant GTO 、その後に乗ってた LANCER CELESTE の後輪は板バネのリジッドです。お気に入りだった Wonder CIVIC の後輪もリジッド、そんなこんなで個人的にはどうしてもダメというわけではありません。が、CRVと比べたらちょっときつい印象はあります。
乗り心地は空気圧の調整である程度好みに調整できますので、ただ今試行錯誤中です。マイゲージで 2.0~2.2kgf/cm2 くらいでよさそうな感じです。メーカー指定は前輪1.6、後輪1.8ですが (^^;
実はどれが正しいのか判らないのですが、行きつけの整備工場のエアゲージはマイゲージより0.2低いです(整備工場で2.2にセットしたら、マイゲージは2.4を指します)。最寄のスタンドのゲージはこれまた違います。仕方がないのでちょっと古いのですがマイゲージを使うことにしました。ちなみにCRVは整備工場のゲージで2.5に設定していました。

2012.4.21 追記
タイヤをスタッドレス(BSブリザック)からノーマル(ジオランダーH/T)に交換したら、乗り心地に関して全く問題ないと感じることが出来ました。CRV の時は、ノーマルとスタッドレスで体感的な乗り心地はたいして変らなかったのですが、ジムニーは結構変ります。ということで、乗り心地問題ありません!!



上記以外は決定的な不満はないですね。気になる点といえば、

ステアリングのセンターが不明瞭なのがちょっと気になります。
さらに、以前の感覚が抜け切らなくて、ステアリングの切りはじめと戻しのタイミングが微妙にずれます。慣れるまで - 意のままにコントロールできるようになるまで - にはもう少しかかりそうです。

ステアリングの位置(高さ)がちょっと気に入りませんが、これはスペーサーをかませることで簡単に解決します。
ステアリングセンターのエアバッグが見た目にうっとうしいです。ステアリングの交換をしたいのですが、取り外しが面倒なので当面見送っています。いずれ交換しちゃうかな。

フットブレーキがちょっと甘いかなという感がありますが、そのうち何とかなるでしょう。

燃費はもう少し頑張って欲しいですね、ただ今 9.5~12.5km/l です。

2012.4.21 追記
悪い時は 9km/l 程度ですが、いい時は13.5km/l伸びた事もあります。長距離の場合、高速を使うより下道のほうが燃費は良かったです。。

車内の狭さは慣れました、後部座席をはずして二人乗り仕様にしたら、ラゲッジスペースもまあなんとか。

シートがチャチで腰が痛くなりますが、これもサポーターを工夫することでなんとかしてます。レカロに交換する人がいるのも頷けます。それとシートの前後のスライドがスムーズでないのが、ちょっと気になります。

ホーンがあまりにも貧相なのですが、これもミツバのアルファホーンを二つ装着して解決です。私はコンパクトのほうにしましたが、サウンド的にはコンパクトでないほうが微妙にスキです。

時計もなけりゃ、外気の温度計もない。
時計と高度計はレーダー探知機でまかなって、外気温度計は後付品を装着しておわり。


よい点はなんと言っても走破能力、
2WD、4WD-H、4WD-L と駆動の切り替えが三種類あるというのは非常にありがたいというか、安心です。逆に言うと、これ以外に取り柄がないといっても過言ではないですが。。。
4WD-Lってほぼ脱出用ということらしいですが、急坂を登るときも便利です。一般道の急坂道は苦手なんですが、普通の車じゃ登れないような急坂道でも登れるポテンシャルを秘めてます。過信するとひっくり返ってカメになってしまいますが。。。
ATでは必要ないですが、MTではトルクの太い4WD-Lは微妙な半クラが必要な時、結構便利に使えました。

案外便利なのがシートヒーター、癖になるというか、寒い日はいつも使ってます。ポカポカと暖かいです (^^)

CR-V に比べてエンジン音は静かになりましたね、でもDOHCらしいサウンドをもう少し出してくれてもいいんですけどね。


ジムニーはわりきりと特徴がはっきりしているので、目的が合致すれば、いわゆる趣味・道楽用の車としてはとてもよいと思います。しかし決して一家のファーストカーにはなり得ない車でしょう。ちなみの我が家のファーストカーはかあちゃんの HONDA LIFE です。
そして二人の男どもは揃いも揃ってジムニー (^^; 我が家の男どもは道楽者なのです (^^)
[PR]
by cantam | 2012-02-17 00:10 | ハード&ソフト or グッズ
Canon EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS
f0091955_4484717.jpg


久々に機材追加です、
発売当初から欲しかったのですが、ず~っと我慢してきておりました。
でももう我慢できなくて、オクで落としちゃいました (^^)

取り立ててレンズ交換が面倒というわけではないのですが、
たま~にあるんですよねレンズ交換したくないとき、交換レンズを車に置いてきちゃったとき、
そんなときのために60Dではお気軽に使える便利ズームが欲しくて、とうとうかっちゃったという次第です。

便利ズームというと以前 EF-S17-85mm IS USM というのを持っていたのですが、メインカメラのメインレンズで使うには忍びなくて手放したことがあります。今は幸いなことに5D2にLレンズという機材がありますので、お気軽重視の時用ということである程度割り切って使うつもりです。

便利ズームには、Canon 18-200mm もあるし、評判の Tamron 18-270mm もあるわけなのですが、なぜこれにしたかというと、お気軽目的なので「軽い」「万が一の時にも惜しみがない」という点を重視しました。撮影はどうせRAWで撮るし、そうすれば歪曲などの収差もDPPでいくらか対応できるし、135mm まであればたいていのことは何とかなるし、18-200 とか 18-270 を買ってしまったら、そこそこ写りのいい50-250mmの扱いに困ってしまいます。

比較の対象としてよく上がるようですが Sigma 18-125mm なんてのがあるのですが、こちらは興味の対象外というか候補には挙がりません。私のSigmaアレルギーは相当なもののようです (^^;

そんなこんなで Tamron 17-50/F2.8 (A16) の出番は減るでしょうけどいいじゃないですか、
A16 はホタルの時期になると結構活躍してくれるでしょう、A16でないといけない場面は必ずあります。

f0091955_565363.jpg


f0091955_18523895.jpg


f0091955_18523924.jpg


描写はどちらかというとあっさり系ですね、比較的なナチュラルで素直な描写ですからレタッチもやりやすいです。三枚目だけは等倍きり出しでノーレタッチ撮って出し状態です。
ピンも変な癖がなく実用の範囲で安定しています。ISは音が静かで効いていないような気がしないでもないのですが、きっちり効いています。Tamron のVRのような「止めました!!、お客さん今のうちに早くっ!!」というような効き具合ではありませんが大丈夫です、仕事はしています。

ズームロックがあればいいんですけどね。それと別売りフードがちょっと情けないような気がしますね。
[PR]
by cantam | 2012-02-05 05:09 | ハード&ソフト or グッズ
ロープロ フリップサイド 300 レビュー

この記事は、統合して下記へ移動しました。


吉備の国放浪記
http://can1833.blog.fc2.com/blog-entry-232.html

[PR]
by cantam | 2011-10-20 01:29 | ハード&ソフト or グッズ
レンズフードのお話
f0091955_263298.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 50mm F2.5 Compact Macro


レンズのフードを買ってしまいました (^^)
なんと EF-S17-55/F2.8 用の EW-83J というものです。実はこれを EF24-105 F4L に装着するとジャストぴったり、
ケラレなし( 少しはあるので削ってね (^^; )、ガタなし、何かの間違いじゃないのかと思うほどバッチリなのです。

EF24-105 だけでなく、EF17-40 の純正フードに納得いかないユーザーは多いと思う。もちろん私もその一人です。

EF17-40 は、EW-83H という EF24-105 の純正フードがほぼぴったりなのです。やや蹴られるポイントがあるのでそこはヤスリで削ってペーパーで仕上げました。そしてこの EW-83H はなんとEF-S10-22 でもほぼ問題なく装着可能です。

さて EF24-105 のほうは、ネット情報を漁っていて見つけたのですが、EW-83J というEF-S17-55/F2.8 の純正フードがぴったりというお話です。広角端で微妙にケラレが確認できるという情報もあるようですが、思い切ってポチッてみました。純正フードの遮光性能に問題を感じていたからです。

その結果は冒頭に戻る訳です。これまで EF24-105 の純正フードを、EF17-40 とEF24-105 共用で使ってきていましたが、便利ではあるものの、どうも心穏やかで無いというか、すっきりしないというか、EF24-105 はゴーストが出やすいというか、そんな感じでしたが、ご覧のようにバッチリ装着できまして、心もすっきりです。

そして買ってみて気がついたのは、このフード、現在のバッグには、上手く収まらない ...... orz


<参考>
フード型番=Ex-99a としたとき
  E:EFレンズ用のフードであることの宣言
  x:広角用=W、標準用=S、望遠用=T
  99:装着部の口径(mm)
  a:フードの形状が異なるもので、発売順にアルファベットが付く

[PR]
by cantam | 2011-10-14 02:18 | ハード&ソフト or グッズ
Canon EOS 60D 買ったよ
f0091955_10113069.jpg


これは Canon EOS 60D、私の所有物です (^^)
紆余曲折ありましたが、先日、65,000円を切ったところでポチりました。いつものように通販です。
これで、5D2と60Dの二台体制、ともにDIGIC4、AFシステム機構も同じ、操作感は多少異なりますが、以前の 20D よりはいいかもしれません。GIDIC5 が発表された現在 DIGIC4 で喜んでいるのもどうかとは思うのでが、初物に弱い私にはある程度枯れたシステムのほうが向いているといえるでしょう。

購入のきっかけは単純に 20D が壊れかけたからなのです。オクで希望価格の値がついたので入替え決定です。
KissX4、KissX5、60D どれでもよかったのですが、マルチ解像度をサポートしたRAWを搭載していることが一番大きな理由で 60D を選択しました。5D2 も 60D も 1000万画素程度のRAWと、サムネイル代わりの500万画素程度の Jpeg での撮影が出来るので、これで運用してます。ただ、60D というのは、プラボディーで Kiss と同じ、おそらく主基板も Kiss と同じ。巷では中級機ではないとさえいわれています。たぶん中身は Kiss で、操作系だけ中級機らしくしているような感じですが、個人的にはどうでもいいことです。

さて思いつくままの使用感ですが、
<利点>
・水準器があるのは便利(感度は粗いかも)、
・ほとんどの操作を右手だけで出来るのは悪くない(ちょっとコンデジライク)、
・電源の On/Off ボタンはめったに使わないので、60D の位置は悪くない、
・バリアングルは無いよりあったほうが便利です、
・AF-On のボタンの位置は非常にグッド、5D2は遠すぎます、
・露出補正3段は助かるが、対応は遅すぎる、
・右肩の設定ボタンは、1ボタン1機能で使いよい、
・ISO変更操作が、5D2と同じになって助かる(20D の操作は違っていた)
・モードダイヤルのロック機構は悪くない、
・CAモードは案外使える(特に家人に使わせるときはこれがいいかもと思う)

<困ること>
・リモートスイッチを買いなおさないといけない
・カスタム登録が一つじゃ不便、3種類程度はほしい
・マイクロアジャストメントがユーザー開放されていないのはちょっと困る

<どっちでもいいこと>
・5D2とバッテリーは同じで共用できるがが、あまり利点は感じない
・わかっちゃいるけどレリーズサウンドはしょぼい。
 20Dはガチャンって感じで重厚だったけど、60Dはビヨ~ンって感じでおもちゃみたい。KissDN がよかったよね。


写りは KisX4、KissX5、7D とほぼ同等なので、いまさらあれこれいうことはないでしょう。
高感度耐性は、オートISO感度の上限を1600程度ににしておこうか思ってます。


<追加購入品>
・液晶保護フィルム(エツミ) 約1000円 --- 5Dmk2 の液晶破損事故から必需品扱いです
・リモートスイッチ(純正品) 約2000円

<検討中>
・予備バッテリー(純正品) 約6000~7000円/1個
予備バッテリー(互換品) 約1400円 --- ロワの製品はとりあえず使えるみたい
インターバルリモートスイッチ 約6500円 ジャックの変換アダプターがほしい。。。 部品が手に入れば自分で作るけど。。。
SDHCカード 16GB (Transcend) 約2000円 --- とりあえず8GBで間に合ってる

結構高くつくよね orz
[PR]
by cantam | 2011-09-21 10:12 | ハード&ソフト or グッズ
Samyang 14mm F2.8
画像をクリックすると別画面で拡大表示します

f0091955_19412115.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Samyang 14mm F2.8


f0091955_19412125.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Tamron SP AF28-75mm F2.8 (A09)


f0091955_19412179.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Tamron SP AF28-75mm F2.8 (A09)


久しぶりに追加した機材はというと、韓国製 14mm F2.8 の単焦点レンズ。
マウント部分は見てのとおりの無接点、電子式ではなく機械式なのです。

絞りはレンズのリングで設定し、ピントはマニュアル、かなりクラシックな運用になります。
使用目的は星空撮影ですので、絞りはF2.8固定、ピントリングは遠景固定ですので、
そもそもリングさえも要らないから安くしてくれ、というのが本音です。

発売当時は日本では買えなくて個人輸入していた人もいるらしい、日本で発売された当時は約4万円程度だったのですが、今は送料込み3万円以下で買えます。ただし、巷では片ボケのある固体も出回っていて、「買うのはギャンブル」と言う風潮がありました。修理は韓国まで送れ、ということですので、本当にギャンブルです。陣笠歪みも大きくこんなものかって一体どうするの?、と思って腰がぐっと引けておりましたところ、5Dmark2 で使うならこれしかないという結論に落ち着きまして、目を瞑ってクジを引いたのでありました。

十分精査してショックを受けてもいけません、適当にチェックして「片ボケなし、OK、解像感Good、ラッキー!」ということで済ませておくのが一番幸せではないかと思います。しかし、見ないフリをしてみても、開放での周辺減光は特筆すべきものがあります。かなり厳しいです。

総じて、あまり手を出さないほうがいいのではないかという印象であります。
[PR]
by cantam | 2011-08-10 19:40 | ハード&ソフト or グッズ
ロープロ フリップサイド 400AW レビュー

この記事は、統合して下記へ移動しました。


吉備の国放浪記
http://can1833.blog.fc2.com/blog-entry-232.html

[PR]
by cantam | 2011-05-29 03:56 | ハード&ソフト or グッズ
タイマーリモートコントローラー
f0091955_3151526.jpg


タイマーリモートコントローラーを買いました。
出来れば純正品の Canon TC-80N3 がよいとは思うのですが、高い、あまりに高い、萎えてしまいます。だからといって、ヤフオクなどに出品されている品物は少々ひるみます。

ということで、エツミが出しているタイマーリモートスイッチ C1を購入しようと思いました。
アマゾンで購入しようと探していましたら、こんなものを見つけました。見かけはほぼ同じで数千円安い。さらに調査すると専門店のアストロアーツでも扱っている品物と同じ品番ということもあって、安心してお安い TM‐A をアマゾンでクリック。丁寧な対応で、モノはすぐに届きました。


さてその使用感を一応レポートしておきます。

付属の日本語マニュアルでは、カメラ側を下記のように設定するよう記載されています。
・露出モード=マニュアル
・シャッタースピード=バルブ
・フォーカスモード=マニュアル or コンティニュアス
・連写モード=オフ(単写モード)

リモコン側の設定項目は、下記のとおりです。
・DE=最初のレリーズまでの時間(いわゆるセルフタイマーの時間)
・BU=露光時間
・INT=インターバルタイム(レリーズから次のレリーズまでの時間)
・N=レリーズ回数(指定なしの設定も可能)

注意事項として、INT≧BU+1 とされています(INT=0は設定不可(動作補償なし))。
NR=オンの場合は INT≧BU*2+1 とされます。
AF撮影を行う場合は、INT≧BU+2 が必要とされています。

さらに、機種によっては INT≧BU+3 としなければならないとも記載されています。


私はまず EOS 20D でテストしました。
そうしますと、INT≧BU+1 の設定では上手く動作しませんで、INT≧BU+3 と設定する必要がありました。これではいわゆる連写ができません。レリーズ終了から次のレリーズ開始までの時間を極力ゼロに近づけたいという希望が打ち砕かれ、「使いもんにならん」という結論が一旦出ました。

しかしここからが踏ん張りどころ、マニュアル記載の注意事項無視でテストを繰り返しました。

◎ 星の光跡を連続して撮って後からコンポジット合成したい場合
カメラ側の設定
  ・撮影モード:バルブ撮影(20D の場合は拡張マニュアルモード、絞りのみ設定、ISO固定、親指AF)
  ・ドライブモード:連写

インターバルタイマーの設定
  ・露光時間:任意(ただし、秒の値≠0 <--- これは分らなかった曲者です)
  ・インターバルタイム:任意(1でテストしました)
  ・撮影回数:任意

上記の設定で、インターバルタイマーに設定した露光時間で連写してくれます。「使えるじゃないか」という結論です。
任意の露光時間で連写させたいとき、カメラ側はバルブ&連写モードにしておいて、露光時間はタイマースイッチで任意に指定することで問題なく動作してくれます。キャノンのカメラは、指定できる露光時間の最長は30秒までなので、31秒以上の露光を必要とする連写では非常に有効です。


◎ 花の開花など定点撮影をしたい場合(たとえば30分おきに24時間)
カメラ側の設定
  ・撮影モード:AVモード(ISO固定、絞り固定、露出補正固定、親指AF)
  ・ドライブモード:単写
  ・撮影後モニター表示なし(電池節電のため)、自動電源オフ=1分
インターバルタイマーの設定
  ・インターバルタイム=30分
  ・露光時間=任意=ゼロ(カメラ任せのつもり)
  ・回数=48+1回(任意=無指定も可能)

露出は都度確認してくれているようで、シャッタースピードは 30sec 以内という条件付ですが、カメラ側で適切に変化します(ISOオートの機種であれば、感度も適宜変化してくれるものと思われます)。
また、節電のため自動電源オフを1分としておき、インターバルをそれより長い30分にしておきましても問題ありません。レリーズ3秒前に信号が送られているようで、カメラはレリーズに先立って自動で起動します。
そして何事もなかったかのように撮影が行われ、再び1分後にはカメラは寝ます。


ちなみに 20D では INT≧BU+3 としなくてはならなかったのですが、5Dmark2 では INT≧BU+1 できちんと動作しました。
機種によって多少動作は異なるようですね。純正の半値ですので多少のことは運用でカバーしましょう。
[PR]
by cantam | 2011-05-14 03:24 | ハード&ソフト or グッズ
Copyright © 2006-2010 cantam All Rights Reserved.



岡山県を中心に広島東部と兵庫西部、及び鳥取全域とその近隣を撮り歩いた撮りおろし写真帳です。主に自然風景と建造物を撮っています。

リンクはご自由にどうぞ。
コメントもお待ちしています。


Since 2006.3.12
Thank you!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
風  景 ・・・
・空、雲、星景
・山、森林
・滝、渓流
・田園、植物
・海岸、瀬戸内海
・春の風物詩:
・夏の風物詩:ホタル 他
・秋の風物詩:紅葉、雲海 他
・冬の風物詩:雪景、氷結 他
・町の風景、町の夜景
建 造 物 ・・・
・ダム、ダム湖
・アースダム、堰、堰堤
・近代建造物
・寺社仏閣、史跡 他
ハード&ソフト or グッズ
ひとりごと
ライブ
インデックスページ
最新のコメント
> taro さん ..
by cantam at 19:58
> need-wish ..
by cantam at 19:54
もしよかったら教えて頂き..
by taro at 00:01
初めまして。昨年、こちら..
by need-wish at 21:35
> 住人さん コメ..
by cantam at 19:24
西大寺軽便鉄道の岡山側の..
by 住人 at 07:58
> カオス さん ..
by cantam at 22:24
cantamさん、ようこ..
by カオス at 16:53
> bernardbu..
by cantam at 20:17
糸のような水の繊細さが良..
by bernardbuffet at 07:45
タグ
(58)
(55)
(46)
(46)
(44)
(42)
(40)
(38)
(32)
(31)
(27)
(21)
(19)
(17)
(14)
(13)
(11)
(11)
(9)
以前の記事
2015年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
more...
ブックマーク
Excite Blog RSS

--- Photo blog or site
・Xylocopal's Photolog
・ひょうたん*カメラ。
・photo poisoning
・casual-scene
・100-400ISの部屋
・フォトたま生活
・フォトログ by ほりりん
・スパイシ~・ホットコーラ
・スマシゲ!
・気ままにPHOTO

・のうてんき雑記帳
・HP放置日記。
・ダカフェ日記

・カメラマンへの道
・Photo of the Day

--- Friend's Blog or site
・Paul McCartney
 Texan Report

・「1/fゆらぎ」で行こう・・・
・自由きままな写真帳
・Kissy's
・野乃花
・That's Life
・OrdinaryGuitarLife Annex
・尾道ロハス紀行
・はじめの花鳥風月庵
・お気に召すまま伝言板

--- Information site
・日本地図 (MapionBB)
・日本地図 (Mapfan)
・日本地図 (Yahoo Map)
・日本地図 (国土地理院)

・NEXCO西日本
・えきから時刻表 岡山駅
・おかやま旅ネット
・天気予報 (岡山南部)

・岡山県の自然百選
・おかやまの自然公園

・ダム便覧
・中国観音霊場

・ウィキペディア
・国語・英和・和英 辞書
・コンピュータ用語辞典
・翻  訳
・回線速度テスト

--- Maker site
・Canon EOS Digital
・Nikon
・PENTAX
・Olympus
・Panasonic DC
・SONY DC
・RICOH

・Tamron
・Sigma

・Kenko
・MARUMI
・Velbon
・Slik
・Etsumi
・Hakuba
・Tamrac
・Lowepro

・Canon Creative Park
・Canon Flash Work
・Canon Color Management
・Canon CMOS Sensor
・Canon Camera Museum

--- Review site
・デジカメ Watch
・デジカメinfo
・EOS D-SLR Net

・GANREF
・DxO Mark
・PhotoZone
 Lenz Reviews

・the DigitalPicture.com
 Lenz Reviews

・Imaging resource
 Compare Sample Images


・価格Com. Canon_DSLR_All
・価格Com. Canon_Lenz_All


------------------------
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはご遠慮ください。
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧