タグ:大阪以東 ( 9 ) タグの人気記事
岐阜県本巣市 上大須ダム
クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_3503016.jpg

クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_3503579.jpg

クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_3504149.jpg

f0091955_3504965.jpg

f0091955_3505778.jpg

f0091955_351292.jpg

クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_351729.jpg
Canon EOS 20D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM, Tamron SP AF17-50mm F2.8


お誘いただきましたのでちょっと足を伸ばしていってきました上大須ダム。
愚息の通う学校が岐阜県ということもあって、岐阜県には最近ちょくちょくご縁があります。
昨年は揖斐川のダム4基も訪問してきました、でも日帰り前提では岐阜県あたりが限界です。

このダムは揚水式発電の下の池を形成するダムで、堤高98mの巨大ロックフィルダムです。
私の住む岡山県では土用ダム-俣野川ダム(こちらは鳥取県)、兵庫県では太田ダム-長谷ダム、黒川ダム-多々良木ダム、
まだ未訪問ですが広島県では明神ダム-南原ダム、四国にも2ヶ所あります。
たいてどこでも下のダムはかなりオープンな門構えですが、上のダムへのアクセスは厳しいものがあります。ここの上のダム川浦(かおれ)ダムへの道は完全シャットアウトです。

原子力とか火力とは異なり、水力発電はスイッチオンから電力供給までの時間が短いということ、また揚水式であれば電力を水という形で安定的に上の池に蓄えておくことができる、即ち常時スタンバイOKの状態で構えておけるという特徴があって、ここ上大須ダムにある奥美濃水力発電所の電力はピーク時の電力をまかなうために運転されているということでした。
それと説明された中で印象的だったのが、『揚水式発電で使用する水は上下の池を行ったりきたりするので新鮮でない。その水を下流に流すのではなく、下流へは山から流れ落ちてくる新鮮な水を流して欲しいとの要望に応えて、それようの水路を用意した。』とのこと、納得でした。またこのダムによって水没した村・家屋はゼロだったということも印象的でした。


それはともかく訪れた時は雨でしたのであまりゆっくり回れていません、
残念ながら隅々まで嘗め回すように見学できていませんし、写真もあまり撮れていません。

雨が降るとコントラストの強い絵を撮りやすいこと、このダムの風貌からすると重い空気の雰囲気が撮れたこと、
このあたりはよかったと考えたほうがいいのでしょう。
[PR]
by cantam | 2010-11-29 04:10 | ・ダム、ダム湖
岐阜県 揖斐川町 横山ダム 堤体内見学
クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_3593319.jpg


f0091955_3593936.jpg


クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_3594648.jpg


f0091955_40269.jpg


f0091955_40978.jpg


f0091955_401661.jpg


f0091955_402552.jpg


ファンタジーホール、渡り廊下、内部に引っ込んでいて外からは見えない導水管とオリフィスのラジアルゲート、そっぽを向いたハト、
まあそんなところです。

内部はとりあえずひんやりしますね、場所によって温度が違いまして、それを説明されてましたが、
記録も記憶もしてません (^^;、ざっくり5~10度くらい低い、鍾乳洞の内部に近いという感覚です。

周囲の明るさは、ちょっと暗いですが三脚はなくても大丈夫でした(個人差、機材差があるかもしれません)。
ファンタジーホールは広いので三脚を使えないこともないですが、それ以外では他の皆様の邪魔になりますね。
今回背中に担いでいきましたが、三脚持参は私だけ、きっと邪魔になったでしょうスイマセン。
空間的には使えるだろうファンタジーホールでは、明るさはそこそこあるので、三脚を使う必要はありません。
ライブ会場の照明に比べたら、明るさが変わらないのでマニュアルで露出固定のほうが使いやすいかもです。

撮影データをざざっと見てみると、ISO800~1000、F4、で手ブレ補正なしの EF17-40mm で
手持撮影ほとんど問題なし、十分なシャッタースピードを稼げていました。

ファンタジーホール以外は、ちょっと工夫をしないと難しいカモです。
たとえば、オリフィスの赤いゲートの写真で ISO640、F4、1/4sec.、@24mm
導水管の写真で、ISO1600、F4、1/4sec.、@24mm、手ブレ補正つきとはいえ、24mm で1/4sec はちょっときついです。
24mmだと、手ブレ補正を使って息を止めても 1/10sec が限界でしょう、それ以上は何とかまあ、気合と工夫で (^^;

オリフィスのゲートといえば、これがとても綺麗な赤、外から見えるクレストゲートが綺麗なスカイブルー、
写真では分りにくいのですが、手すり・パイプなどは薄緑色、このダム、インナーがなかなかおしゃれです!

そうそう、ちょっと気になったのが天井からぶら下がっている2列の照明器具です、
なぜ個数が違うのでしょう、また微妙に整然と取り付けられていません、何か意図か都合があるのでしょうか?、
個人的にはちょっと気になりました。
垂れ幕は、レフ版イメージかと思ったのですが、天井から漏ってくる水滴よけとのことでした。


なんだかんだと申しましても今回はとってもよい経験をさせてもらえました、ありがとうございました > 関係各位の皆様


横山ダムのメインページはこちら
http://cantam.exblog.jp/11628837/
[PR]
by cantam | 2009-08-02 03:58 | ・ダム、ダム湖
岐阜県 揖斐川町 横山ダム
クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_33497.jpg


f0091955_3341615.jpg


f0091955_3342530.jpg


f0091955_3343319.jpg


f0091955_334417.jpg


f0091955_3345155.jpg


f0091955_3345864.jpg


f0091955_335655.jpg


f0091955_3351493.jpg


2009.7.26 森と湖に親しむ旬間 のイベントとして、こちらの横山ダムで堤体内見学が開催されるというので、
それはぜひとも拝見させていただきたいと思い、通常世間様の休日は休むことが出来ない私ですが、
力ずくで休みにして参加してきました。

こちらのダムは、日本で13基しかないといわれる中空式のコンクリートダムです。
要はコンクリートを節約するためのアプローチで、中ががらんどうなのです。
大小ありますが、全部で10本の空間が存在しているということです。
そのうちの1本を、ファンタジーホールと名づけて、天井から照明を吊るしてイベントをすることがあるそうです。

まあなかなか粋な計らいですね、こういう閉じた空間ですから音響は良くも悪くも独特です、
中島みゆきねえさんが、紅白で黒部のトンネルの中で歌ったことがありますが、あれもPAさんは相当大変だったと思います。

イベントは、堤体内見学の他に子ども相手にいろいろと実験・体験をさせてくれていました、
親切丁寧な応対に感心しましたが、こちらは勝手に写真を撮っておりました (^^)

それとこのダムの天端は国道になってます、R303ということで往来はかなり多いです。
警備員さんが二人付っきりで通行車両の状況を確認して、注意を喚起していました、ご苦労様です。

上から見える2本の導水管ですが、あれ、結構振動してますね、リサイズした写真では分りにくいですが、
あの管だけ被写体ブレを起こしています。1sec. くらいのスローで撮ると変わったものが撮れそうです。


内部はこんな感じ、堤体内見学の様子です。
http://cantam.exblog.jp/11628860/


さて、この中空式のダムですが、実は岡山にもあります。
訪問した時は知らなかったのですが、新見の河本ダム、野生の猿がウロウロしているところですが、
そこでも、こういったオープンな計らいをお願いしたいものです。日帰り800kmは疲れるのよね。
[PR]
by cantam | 2009-08-01 03:32 | ・ダム、ダム湖
岐阜県 揖斐川町 徳山ダム
クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_22355821.jpg


クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_2236532.jpg


f0091955_22361286.jpg


クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_22361883.jpg


f0091955_22362458.jpg


クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_22363486.jpg


クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_22364194.jpg


f0091955_223647100.jpg


久しぶりでしょうか、どっひゃ~~~~ぁ、と発したまま、開いた口がふさがらなかったのは。

朝8時、この時点では雲がかかっていた上に、玄関も開いていなかったので道路わきから見るだけしかできませんでした(一枚目)。
せっかくだからと思いなおして昼前にもう一度来てみましたら、ゲートが開いていて中に入れました。
そして下を見下ろしたときに見た絶景は、なんともいいようがない気分に浸りました。どっひゃ~~~、です。

まあとにかくでかいです。ところどころ人が写っていますので比較してください。
堤の高さが161mで日本3位、堤の幅が427.1m、堤の体積が13700km3で日本2位、
ダム湖の総貯水容量660000km3で日本一。
世界規模でみたらたいしたことはないのですが、日本レベルでみるとトップレベルであることは間違いありません。

ここまでくると、いろんなことが頭の中をよぎります、
・人間というのは、なんてすごいことができるのだろうか、
・人間というのは、なんと強欲でおろかなことか、

まあ簡単にいえば、良くも悪くも参りましたということなのですが、
戯れている子どもたちの楽しそうな姿が救いでした。これでちゃんちゃん、という気分になれます。


先にも書いたのですが、これから広角レンズに付け替えて、このダムの魅力を思う存分舐め尽くそうとした矢先、
戦意喪失させるに十分なひどい土砂降りの憂き目に遭いましたが、これを出直して来いとの天命と受け止め、
この日はあきらめて退散しました。愚息を連れてもう一度来てみたいと思います。
往復700kmかけてもその価値はあると思えます、きっと快晴になるでしょう (^^)
[PR]
by cantam | 2009-07-31 22:35 | ・ダム、ダム湖
岐阜県 揖斐川町 久瀬ダム
クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_2353719.jpg


f0091955_2354773.jpg


f0091955_2355511.jpg


f0091955_236290.jpg


クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_236869.jpg


国道沿いの小さなダムで、クレスト(非常用洪水吐)2番ゲートから放流してました。
たいして高さがあるわけでもなく、ゲートが大きく開いているわけでもないのに、
その迫力たるや、ウチの近所ではあまりお目にかかれません姿です。

天候も悪く雨が降っていましたが、そんなことお構いなしで撮りまわりました。

国道はR303、揖斐峡と呼ばれる渓谷の北に位置します。
今では十分整備された国道になっていますが、川の東の道(おそらくは旧国道)は断崖のかなり厳しい道です。
このダムは、新道の橋の上から見ることが出来ますが、やや上から見下ろす位置になります。
それよりも旧道から眺めるほうが、より迫力を感じることが出来ます。
[PR]
by cantam | 2009-07-30 02:45 | ・ダム、ダム湖
岐阜県 揖斐川町 西平ダム
クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_145552.jpg


f0091955_1455334.jpg


f0091955_14555067.jpg


f0091955_14565837.jpg


f0091955_1457641.jpg


f0091955_14571260.jpg


f0091955_14572676.jpg


クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_14573682.jpg


関が原ICで降りて、最初に出会う揖斐川のダムが西平(にしだいら)ダムです。
折からの雨模様の天候で重い空気の中、川霧が立ち込める雰囲気の中現れてくる黒い堤体。

ダムそのものは小さいのですが、なにか重々しい雰囲気です。

電力ダムでもこんな見事な魚道があるのですね、実物は始めて見ました。
岐阜~中部地方のダムになにやら期待を持たせるには十分なダムでした。
[PR]
by cantam | 2009-07-29 15:02 | ・ダム、ダム湖
紀行) 岐阜県 揖斐川流域のダムめぐり
7/26 森と湖に親しむ2009 イベントに参加すべく、岐阜県まで行ってきました。
全国的に行われるイベントなので、何も岐阜まで行く必要はないのですが、中空構造のダムの中に入れるというのと、
その北にある、貯水能力日本一という徳山ダム見たさで行くことにしました。

たまたま愚息が今年の4月から岐阜の学校に通ってまして、
入学の手続きやらの所用でこれまで3回くらい往復しているので、そんなに抵抗もなかったです。

朝1:30出発、関が原ICで降りて5:30には揖斐川下流の西平ダムに到着。
適当に撮影をして、上流の久瀬ダムへ。

さすがに中部地方の川は、岡山のような地域の川と全然違います、
とにかく派手というか、谷のV字が深く、流れも速い、小さなダムの放流でも、音も違うし迫力が全然違います。
f0091955_0463752.jpg

その後、藤橋の道の駅で休憩を取って徳山ダムへ、
もう8時だというのになんと鍵がかかって入れません、仕方がないので脚立を使って柵越しに数枚。

f0091955_0465351.jpg


このあと一歩間違えば非常に危険という目にあって、なんとかイベント会場の横山ダムの駐車場へ、
開始は10時からなので、それまで仮眠をとることに。

10名くらいのグループに分かれて一通りの案内をしてもらって散会です。
中空の空洞に入れたのはよかった、写真を撮れたのもよかった、三脚はもっていったけど不要だった。

クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_0472143.jpg


で、もう一度徳山ダムへ戻ってみると、フェンスも開いて自由に入れる (^^)
ところが、さあこれからレンズ交換をして広角で撮るぞと準備しようとしたまさにそのとき、
予告もなくいきなり土砂降りのスコール。
もうやる気を全く無くすに十分なほどの土砂降り、もうどうにでもしてくれというくらいの勢いで。

13時までまっても止まないので帰途につこうとすると、かあちゃんからTELで愚息に会いに行けと、
徳山ダムから82~3km あるのに、それでも行けと、いうことで仕方なく・・・。
f0091955_048012.jpg


で、帰宅したのは21:50、走行距離は、ほとほと疲れた 830km、
以前600kmで「爆走」と表現したのですが、今回は 830km、一日の走行距離としては3番目の長距離、
ということで、おいおいに個別ページをアップします。
[PR]
by cantam | 2009-07-28 00:05 | ・ダム、ダム湖
百選の滝 栃木県 華厳の滝
2005年 夏、車でブラブラと栃木県まで行き、友人に案内してもらった華厳の滝です。
このときには「百選の滝」などという意識は微塵もなく、観光地の一つということで案内してもらいました。

f0091955_07517.jpg
Canon EOS KissDN / Canon EF-S 17-85mm F4-5.6 IS USM






間近で滝を鑑賞するためには、入場料を払ってエレベータを使って降りていくらしいのですが、
そこまでして見たいという思い入れはありませんでしたので、ちょっと見てからいろは坂を下っていきました。

実は、この写真の一部は過去掲載していたのですが、
今回「百選つながり」で、レタッチしなおして再掲しています。
しかし写真のオリジナル状態がよくないので、レタッチしてもあまりよくはならないのが残念。


f0091955_08786.jpg
f0091955_081244.jpg
f0091955_08208.jpg
Canon EOS KissDN / Canon EF-S 17-85mm F4-5.6 IS USM

[PR]
by cantam | 2006-12-19 00:12 | ・滝、渓流
白山登頂
山岳部一年生の愚息が4泊5日の夏山登山で撮影した一部です。
撮影は全て IXY Digital600 です。空気のクリアさが違うのでしょうか、こんな写真を見せられたら、普段住んでいる下界で撮る風景写真はばかばかしく思えてきました。しかし残念ながら、20Kgもの荷物を担いでの登山など今の体力では不可能です。

こちらは気温約10度、朝5時前。ご来光を。
f0091955_21563383.jpg



雲を眼下に登山中。
f0091955_21564241.jpg



白山の頂上だそうです。
f0091955_21565089.jpg



f0091955_1556612.jpg

[PR]
by cantam | 2006-08-11 22:00 | ・山、森林
Copyright © 2006-2010 cantam All Rights Reserved.



岡山県を中心に広島東部と兵庫西部、及び鳥取全域とその近隣を撮り歩いた撮りおろし写真帳です。主に自然風景と建造物を撮っています。

リンクはご自由にどうぞ。
コメントもお待ちしています。


Since 2006.3.12
Thank you!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
記事ランキング
タグ
(58)
(55)
(46)
(46)
(44)
(42)
(40)
(38)
(32)
(31)
(27)
(21)
(19)
(17)
(14)
(13)
(11)
(11)
(9)
以前の記事
2015年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
more...
カテゴリ
風  景 ・・・
・空、雲、星景
・山、森林
・滝、渓流
・田園、植物
・海岸、瀬戸内海
・春の風物詩:
・夏の風物詩:ホタル 他
・秋の風物詩:紅葉、雲海 他
・冬の風物詩:雪景、氷結 他
・町の風景、町の夜景
建 造 物 ・・・
・ダム、ダム湖
・アースダム、堰、堰堤
・近代建造物
・寺社仏閣、史跡 他
ハード&ソフト or グッズ
ひとりごと
ライブ
インデックスページ
検索
ブログジャンル