タグ:鳥取県 ( 44 ) タグの人気記事
大山鍵掛峠の紅葉
画像をクリックすると別画面で拡大表示します

f0091955_238224.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM


f0091955_2382345.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 70-200mm F4L IS USM


f0091955_2382129.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 70-200mm F4L IS USM


f0091955_2382239.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 70-200mm F4L IS USM


曇り空でしたが、大山の紅葉を拝んできました。大山の周りはぶなの木が多く、紅葉というより黄葉という感じで、枯葉との区別もつきにくいのであまりスキではなかったのですが、やはりスケール感が違うというか、広大な景色はそれが枯葉であったとしても気分がいいものだと思うようになりました。

この鍵掛峠というのは標高910m、大山環状道路から大山南壁を臨む絶好の場所です。車の免許を取って初めて買った中国地方のドライブマップの表紙がこの鍵掛峠から望む雪景色の大山南壁でした。ボロボロになるまで使い込んだドライブマップの表紙の景色の本物を初めて見たときのことが思い出されてきます。思い出の場所でもあるのです。
[PR]
by cantam | 2011-11-12 23:07 | ・秋の風物詩:紅葉、雲海 他
山の紅葉
画像をクリックすると別画面で拡大表示します

f0091955_5111776.jpg


f0091955_5111416.jpg


f0091955_5111038.jpg


f0091955_516465.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM


滝巡りの都合上どうしても越えたかった峠の林道を走っていると、高度の関係で多少色づいていました。
たまたま見つけた紅葉です。


鳥取市河原町にて
[PR]
by cantam | 2011-11-07 00:11 | ・秋の風物詩:紅葉、雲海 他
鳥取県日野町 鵜の池
f0091955_3122634.jpg
Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM


f0091955_3122551.jpg


f0091955_31225100.jpg


f0091955_3122526.jpg
Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)


鵜の池というのは、ダム便覧では掲載されていませんので「ダム」としては認定されていないと思われます。堰堤の堤高ははっきりしないのですが、15m はあるような気がしますが、定かではありません。使用目的は一部は水力発電で使用されています、中国電力の「車両立ち入り禁止」の看板がありますし、このふもとには水力発電所があります。

実はこの池の存在を知ったのは、二年ほど前、空撮の地図を眺めていたときでした。水力発電用の導水管がはっきりと見えます、そしてそばにキャンプ場があるらしく、そんなに厳重な場所でも無いと感じました。便があれば行ってみたいと思っていました。約2年かかりましたが、今回の滝行脚のついでに訪れてみました。

この池は以前からあったようで、鵜の池伝説なるものがあります。また県立公園にも指定されており、おしどりが生息しています。脇にある「鵜の池返還記念」という石碑にはいろいろ書かれているのですが、読みにくい。堰堤に関しては古くから築造されてきているとされ、飲用・灌漑等の多目的に利用されてきたと記されている。現在は水力発電にも使用されている。

現在の堰堤は、期待していたよりしょぼいというのが実感ではありますが、ところどころに曲線を用いたデザインはなかなかよいのではないかと思います。
[PR]
by cantam | 2011-10-16 03:27 | ・アースダム、堰、堰堤
夏の終わりの奥大山
画像をクリックすると別画面で拡大表示します

f0091955_10461416.jpg


f0091955_10461339.jpg


f0091955_10461365.jpg


f0091955_10461332.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM


大山まで行ってきました、主目的は紅葉の穴場を調査するためでした。
いろいろ聞きまわったり、走り回ったりしましたが、収穫はありませんでした。

西の氷ノ山の回りもいいですが、蒜山~大山はとても気分のいい場所です。
[PR]
by cantam | 2011-09-01 10:53 | ・山、森林
鳥取県 八頭町 小耶馬渓の滝
画像をクリックすると別画面で拡大表示します

f0091955_1128105.jpg
彦潭(ひこぶち)


f0091955_1128127.jpg
子連滝(こづれだき)


f0091955_11281517.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM


小耶馬渓は、R29から県道37号(快走路)を山に向けてに入っていくと到着します。

37号を登っていくと左側に姫翠峡(ひすいきょう)と呼ばれる数段になって私都川(きさいちがわ)へ落ちる、落差約50mの滝があるのですが、なんと言うことか、木が茂ってほとんど見えません。道からは辛うじて最後の段の部分が見えるだけです。

さらにさらに、この滝の前には目印となる看板があるはずなのですが、走行中は見つけられませんでした。奥にある姫路公園まで行って引き返し、自分の目を信用してそれらしい場所に車を停めてみると、看板の支柱はなく、説明版が無残に地面に転がっていました。

残念ではありますが、現状では滝見観光の対象にはなりえないと思いました。
ちなみに掲載した滝のほか、話投の滝、魚止め滑床 という小滝も存在しますが、フォトジェニックではないような。。。
[PR]
by cantam | 2011-08-20 11:48 | ・滝、渓流
鳥取県 三徳山三仏寺 奥の院 投入堂
画像をクリックすると別画面で拡大表示します

f0091955_23321682.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM


f0091955_23321581.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM


非常に暑い猛暑のある日、行ってきました。
元山岳部の愚息が帰省しているので誘ってみたら合意してもらえました。

実はこの投入れ堂は、原則としては一人では入山できないらしいのです。そんな事もあって誘ってみました。

登って写真を撮って下山するまでに、1時間55分かかりました。登りが約1時間強でした。
5分登っては休憩、また休憩、後からついてきてくれている愚息には申し訳ないが、途中の文殊堂では大休憩。先に行けばよいと言っておいたのですが、登山は未熟なものが前を歩き後を熟練者が歩くのが一般的らしく、それを励行しているようでした。おそらく本人が一人で歩けば30分もかからないでしょう。

投入れ堂は平安時代の建造物で国宝です。道中の状況は他のサイトでご覧ください。
一応記録用カメラも持って行ったのですが、登山開始5分でその気力は失ってしまったのでした。
[PR]
by cantam | 2011-08-11 23:31 | ・寺社仏閣、史跡 他
カスケード式洪水吐
f0091955_1953544.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM


殿ダムの階段式の洪水吐きを流れ落ちる光景を堪能した後は、比較的近所にある南滝へ向かいました。
そこでいきなり出合ったのはがこれ、カスケード式=階段状洪水吐き。

まさかとは思いますが、このあたりはカスケード式がお好き?
[PR]
by cantam | 2011-04-11 19:16 | ・アースダム、堰、堰堤
鳥取県 殿ダム 試験放流
クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_199070.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 70-200mm F4L IS USM


クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_18382116.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM


クリックで拡大します(640*960 Pixel)
f0091955_18382295.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 70-200mm F4L IS USM


クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_18381669.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM


クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_18381841.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM


f0091955_1838203.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM


クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_18381856.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM


志津見ダムに続いて、殿ダムの試験放流が行われたので行ってきました。
3月3日から貯め始めて一ヶ月程度で満水になったようです。
この水は、殆どが扇ノ山山系から流れ落ちてくる雪融け水でとても綺麗な水です。
扇ノ山は雪が多い地帯で、また滝銀座とも言われおり、立派な滝がたくさんあります。
この日もそこへ滝を見に行きましたが、腰まで雪に埋もれてやっとの思いで脱出して引き返してきました、
4月になってもまだまだ雪がたくさん残っています。

さてこの殿ダムは、堤高75m、堤長約300m とされるロックフィルダムで、非常用洪水吐きは自然越流式の階段状になっています。この階段状の洪水吐きは日本で初めてといわれており、流れ落ちる水の勢いを緩和するために採用された形式だそうです。

私は一目見て、「天国への階段」=「stairway to heaven」、そうあのイギリスのロックバンド Led Zeppelin の代表的な曲を思い出してしまいました。ギター小僧なら、誰しも一度はトライする曲でしょう。私もイントロだけは人並みに (^^;
蛇足ついでですが、どちらかといえば Deep Purple のほうがスキだったので、ギターの好みは Stratocaster 派です。

プレス発表では4月4日に放流がされるということでしたが、自然相手なのでなかなか予定通りには行かないもの、念のために3日に問い合わせると、サーチャージ水位まであと90cm、越流は5日午後になるだろうといわれました。その後、5日午前中に問い合わせると、5日午後四時くらいから越流をはじめるだろうという情報を頂きました。前回問い合わせた時は放流は3~5日間程度ということだったのですが、今回、放流は丸一日で済ませられる、必要な点検は終了しそうだという事も教えられました。

急いで休みの日を調整して、5日夜中にダムサイトに到着、夜間照明は十分あるとの事だったのでひとしきり夜景を撮影しました。撮影した半分くらいは風が強くてブレブレ写真でボツになりました。そのあと車で寝たのですが、深夜4時過ぎに目が覚めると、堤体の上に非常に美しい黎明の空を見ることが出来ました。撮影しようという気持ちはあったのですが、気力不足で寝てしまいました。
この堤体はほぼ東向きなので日の出前の写真はいいのが撮影できると思います。
このダムには、また来そうなのでそのときにでも撮って見ましょう。

放流に影が落ちない状態で撮るには午後4時くらいまで待つ必要があったのですが、これまた気力不足でそこまで我慢できず、午後2時半で切り上げてしまいました。
この放流はやはり100年に1度あるかないかということなので、今回が見納めだと思われます。

放流動画 をアップしました。サイズは約108MB(640*480)、曲:岸部真明 眠れない夜に (本人無断使用)
[PR]
by cantam | 2011-04-07 19:03 | ・ダム、ダム湖
鳥取県 三徳山三仏寺
クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_2313261.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 70-200mm F4L IS USM


クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_2313754.jpg
Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 70-200mm F4L IS USM


本日は、朝6:30に出発して、鳥取県の滝を6ヵ所回ってきました。
順次紹介していきますが、先々週、岡山県北で水難の滝を回ってきた事もあってか、今回は満足です。
どれも適度な水量で、かなりに満足できました。

しかし、最初に行った場所が非常に厳しい場所で、巷の情報でアクセスはさほどきつくないと信じていたのに、
何を隠そう、半日分の体力は使い果たしたような気がします。
アクセスが厳しい場所は、その旨きっちりと紹介しなくてはなりませんので、私は「アクセスは厳しい」と、後日紹介します。

そして最後に、三徳山三仏寺に出向き、道路沿いの遥拝所から拝む代わりに一枚頂いてきました、
そのうち行ってみる予定の国宝の投入堂です。
[PR]
by cantam | 2010-10-07 23:21 | ・寺社仏閣、史跡 他
鳥取県 鳥取市 殿ダム 洪水バキ出現
クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_2339918.jpg
Canon EOS 5D / Canon EF 24-105mm F4L IS USM

建設中の殿ダム、近所に行ったので寄ってみました。
洪水吐きが姿を現していました、なんとなく徳山ダムに似ていますが、ロックフィルってどれも似たようなものなのかもしれません。

ものづくりをしている時、目に見えて変化を感じられてくると、だんだん元気が出てくるものだと思います。
最近風当たりに強いダム建設ですが、完成まで頑張って欲しいものです。

追記)
ダム便覧を見ておりましたら、「洪水バキは階段式」なる記述が、おお!!
実はあの階段状からどうやって滑り台状にするのかな~、などと思って眺めていましたが、
あれが完成形なのでしょうか、「ロックフィルはどれも似たようなもの」との前言撤回させていただきます (^^)
[PR]
by cantam | 2010-09-01 00:28 | ・ダム、ダム湖
Copyright © 2006-2010 cantam All Rights Reserved.



岡山県を中心に広島東部と兵庫西部、及び鳥取全域とその近隣を撮り歩いた撮りおろし写真帳です。主に自然風景と建造物を撮っています。

リンクはご自由にどうぞ。
コメントもお待ちしています。


Since 2006.3.12
Thank you!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
風  景 ・・・
・空、雲、星景
・山、森林
・滝、渓流
・田園、植物
・海岸、瀬戸内海
・春の風物詩:
・夏の風物詩:ホタル 他
・秋の風物詩:紅葉、雲海 他
・冬の風物詩:雪景、氷結 他
・町の風景、町の夜景
建 造 物 ・・・
・ダム、ダム湖
・アースダム、堰、堰堤
・近代建造物
・寺社仏閣、史跡 他
ハード&ソフト or グッズ
ひとりごと
ライブ
インデックスページ
最新のコメント
> taro さん ..
by cantam at 19:58
> need-wish ..
by cantam at 19:54
もしよかったら教えて頂き..
by taro at 00:01
初めまして。昨年、こちら..
by need-wish at 21:35
> 住人さん コメ..
by cantam at 19:24
西大寺軽便鉄道の岡山側の..
by 住人 at 07:58
> カオス さん ..
by cantam at 22:24
cantamさん、ようこ..
by カオス at 16:53
> bernardbu..
by cantam at 20:17
糸のような水の繊細さが良..
by bernardbuffet at 07:45
タグ
(58)
(55)
(46)
(46)
(44)
(42)
(40)
(38)
(32)
(31)
(27)
(21)
(19)
(17)
(14)
(13)
(11)
(11)
(9)
以前の記事
2015年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
more...
ブックマーク
Excite Blog RSS

--- Photo blog or site
・Xylocopal's Photolog
・ひょうたん*カメラ。
・photo poisoning
・casual-scene
・100-400ISの部屋
・フォトたま生活
・フォトログ by ほりりん
・スパイシ~・ホットコーラ
・スマシゲ!
・気ままにPHOTO

・のうてんき雑記帳
・HP放置日記。
・ダカフェ日記

・カメラマンへの道
・Photo of the Day

--- Friend's Blog or site
・Paul McCartney
 Texan Report

・「1/fゆらぎ」で行こう・・・
・自由きままな写真帳
・Kissy's
・野乃花
・That's Life
・OrdinaryGuitarLife Annex
・尾道ロハス紀行
・はじめの花鳥風月庵
・お気に召すまま伝言板

--- Information site
・日本地図 (MapionBB)
・日本地図 (Mapfan)
・日本地図 (Yahoo Map)
・日本地図 (国土地理院)

・NEXCO西日本
・えきから時刻表 岡山駅
・おかやま旅ネット
・天気予報 (岡山南部)

・岡山県の自然百選
・おかやまの自然公園

・ダム便覧
・中国観音霊場

・ウィキペディア
・国語・英和・和英 辞書
・コンピュータ用語辞典
・翻  訳
・回線速度テスト

--- Maker site
・Canon EOS Digital
・Nikon
・PENTAX
・Olympus
・Panasonic DC
・SONY DC
・RICOH

・Tamron
・Sigma

・Kenko
・MARUMI
・Velbon
・Slik
・Etsumi
・Hakuba
・Tamrac
・Lowepro

・Canon Creative Park
・Canon Flash Work
・Canon Color Management
・Canon CMOS Sensor
・Canon Camera Museum

--- Review site
・デジカメ Watch
・デジカメinfo
・EOS D-SLR Net

・GANREF
・DxO Mark
・PhotoZone
 Lenz Reviews

・the DigitalPicture.com
 Lenz Reviews

・Imaging resource
 Compare Sample Images


・価格Com. Canon_DSLR_All
・価格Com. Canon_Lenz_All


------------------------
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはご遠慮ください。
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧