カテゴリ:・海岸、瀬戸内海( 40 )
瀬戸内沿岸 前泊(まどまり)海岸にて
f0091955_1482057.jpg


瀬戸内海は美しいといわれていて、この牛窓あたりは日本のエーゲ海とまで呼ばれることがあります。
眉唾物の自称かもしれませんので、いくらかは差し引いてもいいとは思いますが、
海岸線はのどかで美しい光景が続いています。

撮影場所は前泊というところでして、初めて来ました。
二~三世代ほど前は漁師の村だったそうですが、今はほとんどの方は丘に上がって野良仕事をしているそうです。

目の前に見える大きな陸地は小豆島です、フェリーで1時間ほどかかります。
それがでんと目の前に居座り、開けた海洋を眺めることもできない閉塞的な光景、
さらにこの日は曇ってどんよりした天候もあいまって、
こんな閉塞的でダークな瀬戸内海は始めて見たような気がします。
[PR]
by cantam | 2010-05-04 01:55 | ・海岸、瀬戸内海
蒼景
クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_2421531.jpg


瀬戸内市邑久町 長島にて
[PR]
by cantam | 2010-04-30 02:43 | ・海岸、瀬戸内海
夕立受山から 片上湾の眺望
クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_1285320.jpg


f0091955_129410.jpg


久々にいいロケーションを見つけました。
ただし、残念ながら歩くのがきつい、たった400m、高低差70m程度のつづら折なのですが、足に堪えます。
山頂にあった、700m の看板に諦めを覚えました。

ここは片上湾大橋を眼下に見下ろすことが出来る夕立受山という標高200m程度の山頂です。
山頂は綺麗に整備され、展望台もあって見晴らしはよいのですが、大橋を捕らえようとすると角度的にもう一つです。
ここから先に歩いていくと、3ヶ所の展望所があるとのことですが、この日は日が落ちてしまいそうだったのと、
前述の疲労感で退散してしまいました。

朝の笹尾山と夕日の夕立受山、どちらも気に入ってしまいました。

ちなみにこの山の名前は、古くはこの場所で雨乞いの儀式が執り行われたということに由来しているようです。
桜並木もあるようですし、B級景勝地(私は誰でも知っているような有名な景勝地は少々苦手なのです)としては、
とてもよい場所ではないかと思いました。

観光案内
[PR]
by cantam | 2010-04-22 01:19 | ・海岸、瀬戸内海
斜光の恵み
クリックで拡大します(640*960 Pixel)
f0091955_1302011.jpg


クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_1302750.jpg


そして、夜は明けて人々は活動しはじめるのです、
私は帰って寝るのです、が、この日はお休みなので、引き続き海の見える小山にトレッキングに行くのでした (^^)
[PR]
by cantam | 2009-12-07 01:32 | ・海岸、瀬戸内海
陽が昇ってきた
クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_2461069.jpg


クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_2462423.jpg


クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_2463389.jpg


ということで、日が昇ってきました、
じっと待って撮るとか、狙って撮る、というのは非常に苦手な私なのですが、
朝の風景は結構忙しいので、待つという感覚は少なく、
日が昇り始めると、さらに忙しくなります、レンズ交換などなかなかしていられません。
[PR]
by cantam | 2009-12-06 02:49 | ・海岸、瀬戸内海
金甲山 日の出前
クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_2324526.jpg


クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_2325070.jpg


金甲山からは四国の玄関、高松の町が見えます。
アメリカ人が、日本にも結構立派な川があるじゃないかと言ったとか言わないとか、
そんな瀬戸内海を隔てて、高松の町と、その向かって左に源平合戦で有名な屋島、右に五色台が見えます。
そして背後には、急峻な四国山地がそそり立っているのがよく分ります。
中央やや左に見える最も高い山が剣山(つるぎさん)だと思っているのですが、自信ないです。
ご存知のかたがいらせられましたら、教えてください。

もう少しスローシャッターで撮れば、水面が雲に見えるかもしれません。

手前の工場の島は直島、香川県ですが、高校は岡山県の玉野高校にも通えるそうです。
玉野高校出身の友人から、「直島には美人が多い」と聞かされています (^^)、
その手前の島も全部香川県になります。


雲が山越えをする様ですが、すぐ北側の児島湖の上に発生した霧が発達してこんな薄雲になっています。
谷に沿って流れて行きますので、打ちっぱなし場のある後閑(ごかん)のほうへ向かって行くかと思いきや、
なんと軽々と山越えをして消えて行きました。
気圧の低いほうへ流れるわけですから、頭では理解できないことはないのですが、その様はなんともフシギです。

見ていて飽きませんでした。
[PR]
by cantam | 2009-12-04 02:42 | ・海岸、瀬戸内海
山越えをする雲の流れ
クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_22103840.jpg


朝日に吸い込まれるかのように、右から左(海側)に勢いよく山の稜線を越えていっています。

岡山市 金甲山展望台にて
[PR]
by cantam | 2009-12-02 22:09 | ・海岸、瀬戸内海
日の出
f0091955_0482051.jpg


クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_0482757.jpg


感動的な日の出でした、
この撮影場所に到着するには、部屋のPCの前から、バッグに機材を詰め込んでから
カメラを構えるまでに約30分で到着します、車の運転は約20分弱です。

もう少し早く出ていたら綺麗な朝焼け(黎明)を撮れていたのに、残念でした。

朝日を撮るポイントは5ヶ所ほど用意してありまして、この場所は標高約200mの小高い山です。
これから寒くなるにしたがって、空気が澄んで遠景も綺麗に撮れるようになりますので、
ちょくちょく通うことになると思います。

こんな綺麗な朝日が撮れた日には何かいいことがありゃしないかと、勇気を振り絞って
公的資金の予算要求を提出してみました。補正予算削減の嵐が吹きすさぶなか、
しぶしぶながらも Panasonic GF1 購入予算の7割程度の補助金が認可されました (^^)

白を買います!!、とりあえずパンケーキ40mmにしますが、
そのうち標準ズームか、発売が予定されている28mm/F2.8 を追加購入すると思います。
ポイントは、20D および GX100 の代わりがどのくらい出来るか、という点です。

20D は 5D のサブで手元においています、開放F値が変わらない x1.6 エクステンダーとしても使用できますし、
2台体制で持ち出すことも出来ますし、高速連写マシンとしても(ほとんど使用しませんが)使用することが可能です。
そんなわけで、GF1 で 20D の代替はかなりきついと思われます。

しかしながら、20D + Tamron 17-50mm/F2.8(A16) を GF1 + 28-90mm/F3.5-5.6 IS に入れ替えるのは、
なんとなく可能ではないかと思われます(A16 は EF17-40 よりもお気に入りのレンズではあるのですが・・・)。
そうすれば、Tamron A16 と Lumix G VARIO 14-45mm との交換ですむので、支出的には軽症です。
結果として手元に残るのは、
一眼本体が EOS 20D & 5D、レンズが EFS10-22、EF17-40、EF24-105、EF70-200 ですから
20D 用に 10-320/F4、5D 用に17-200/F4 のズームシステムが組めることになります。
20D は正味サブカメラになってしまい、普段は使用することがないでしょうけど、それはそれでいいのではないかと思えます。
しかしながら、EFS10-22 は一番値の着くレンズなので換金したいところですが、代替が利かないので当面手放せそうにないです。

GX100 は携行性のよさで所有しています。
画質はおそらく GF1 のほうがよいと思いますので、GF1 が許容範囲の携行性であればいいのですが、
やっぱり餅は餅屋でしょうか、あまり期待することは出来ません。ということは、単なる追加ですかね。

いずれにしても楽しみであります (^^)
[PR]
by cantam | 2009-10-13 01:14 | ・海岸、瀬戸内海
笹尾山にて
f0091955_5275223.jpg


f0091955_5275997.jpg
Canon EOS 5D / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



笹尾山というのは備前の小高い山で、片上湾を一望できます。
運がよければ遠くに淡路島が見える、眺めのよいところです。

私は、明方、ここで野生の鹿に出会いました。
思わず車で追い掛け回してしまいました (^^;
[PR]
by cantam | 2009-02-15 05:25 | ・海岸、瀬戸内海
冬の瀬戸内海
クリックで拡大します(1440*960 Pixel)
f0091955_1992917.jpg
Canon EOS 5D / Canon EF 17-40mm F4L USM


久しぶりに来て見ました、金甲山。
瀬戸内海を広く見渡せる眺望のよいところです。

海に突き出た半島は出先半島、
その向こうが井島、岡山と香川はここで陸続きなんです(無人島ですが、渋川沖の大槌島も陸続きなのです)、
その右は美人が多いといわれる直島、香川県ですが岡山の高校に通えます、
左は産業廃棄物で騒動のあった豊島(てしま)、になります。

井島の向こうには、男木島、女木島(鬼が島と言われてます)、
そして男木島のずっと向こうにかすかに香川県の屋島が見えます。源平合戦のあったところです。

ひさしぶりに、超広角レンズらしい写真がとれました (^^)
[PR]
by cantam | 2009-01-28 19:06 | ・海岸、瀬戸内海
Copyright © 2006-2010 cantam All Rights Reserved.



岡山県を中心に広島東部と兵庫西部、及び鳥取全域とその近隣を撮り歩いた撮りおろし写真帳です。主に自然風景と建造物を撮っています。

リンクはご自由にどうぞ。
コメントもお待ちしています。


Since 2006.3.12
Thank you!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
タグ
(58)
(55)
(46)
(46)
(44)
(42)
(40)
(38)
(32)
(31)
(27)
(21)
(19)
(17)
(14)
(13)
(11)
(11)
(9)
以前の記事
2015年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
more...
カテゴリ
風  景 ・・・
・空、雲、星景
・山、森林
・滝、渓流
・田園、植物
・海岸、瀬戸内海
・春の風物詩:
・夏の風物詩:ホタル 他
・秋の風物詩:紅葉、雲海 他
・冬の風物詩:雪景、氷結 他
・町の風景、町の夜景
建 造 物 ・・・
・ダム、ダム湖
・アースダム、堰、堰堤
・近代建造物
・寺社仏閣、史跡 他
ハード&ソフト or グッズ
ひとりごと
ライブ
インデックスページ
検索
ブログジャンル