<   2006年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
蒼い夏
8月も残すところ数日、毎日ブラブラしかしていないのになぜか忙しくて、海にもいけなかった。いや、花火のロケハンで傍までは行ったのだが、水着のおね~さんに出会うことは一度もなかった。今からでも間に合うか?、いやいやカメラを持って海水浴場近辺をうろつくのはやめておくことにしましょう。君子、危うきに・・・、ちょっと違うか?

f0091955_5312949.jpg
Canon EOS KissDN / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II
F8.0, 1/320sec., Av +0.3EV, ISO100, WB:Auto



牛窓では、ペンションとか別荘が小高い山の斜面に点々とへばりついています。こちらは別荘だと思います。
f0091955_5323476.jpg
Canon EOS KissDN / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II
F8.0, 1/200sec., Av 0.0EV, ISO200, WB:Auto

[PR]
by cantam | 2006-08-27 05:40 | ・海岸、瀬戸内海
求む、雲台情報
ここ最近三脚を良く使うようになって、当初はスキでなかった三脚撮影も苦にならなくなってきた。ギターのストラップを使って、忍者が刀を背に担ぐような要領で背中に担げるようにしたので、平地での運搬は特に苦にならない。
いい傾向かと思いきや、使ってみるといろいろ不満も出てくるので、なにやらごそごそと改善してしまいたくなる。

f0091955_16414557.jpg


そもそも安物買いの銭失いと自覚しているので、意を決して購入した三脚は Velbon El Carmagne #630、あまり調査もせずに買いました。石橋を叩いて、叩き割ってしまうほど慎重な私にしては、かなりの衝動買いです。定価 86,100円のところ、新品 36,800円で買ったと思います。鬼の首を取ったかの勢いで、CDや本、あまりお金にならないものさえも切り売りしてお金をかき集めました。

その後、#635(定価 90,900円) という新機種が出たための在庫処分と知りましたが、まあそんなことはど~でもいいです。

足は Velbon、雲台は SLIK、とのうわさも聞いていました。触るまでは特に不満はなかったのですが、SLIK の 3WAY 雲台を触ってみると、非常に滑らかに動きます。微調整がしやすいです。一気に #630 の標準雲台 PH-460B(定価 19,950円)に不満を感じました。
そこから悶々として数ヶ月、#635 に装着されている(Netの一部では評判のいい)Velbon の雲台、PHD-61Q(定価 23,940円) が気になってきて調査してきました。雲台だけの通販価格は約15,000円程度です。

クイックシューと水準器がついていてよさそうなのですが、NETの評判に比べ微調整のスムーズさはちょっと?です。新品だから滑らかでないのか、とりあえず物足りません。試しに買ってみようといえる経済状況でもありません。現在の雲台、 PH-640B を売ろうと思っても、どうも 3,000円 程度でもなかなか売れそうにありません。仮に 3,000円で売れたとしても、#635 の通販価格は約 44,000円程度ですので、追い金 12,000円、トータル 49,000円の出費になります。ちょっと面白くありません。

#630 を現状のまま売って #635 を買いなおすとした場合、#630 が 30,000円で売れても追い金 14,000円でトータル 51,000円の出費となって、ますます面白くありません。

それならばということで今度は自由雲台の調査に入りました。使用目的が多少違うのは理解していますが、とにかくスムーズな動きのものが欲しいです。評判では、Kenko FP-100 Pro がよさそうなのですが、新製品の Kenko FP-100 ZSN のほうがよさそうではないかと思います。こちらは定価で 6,000円ほど高く、通販価格約 16,000円です。

作っている工場は同じということのようなので、おそらく性能は同等で、脱着が便利なのだと思います。 Pro + クイックシュー = ZSN と考えれば妥当なお値段か?なんとも悩ましい価格です。

3WAY 雲台は一応持っているので、自由雲台を使ってみようかと中古を探しているのですが目指す品物はでてきません。新品を買うしかないのでしょうか。とりあえず、今の 3WAY 雲台にグリスを塗布して、なんとかスムーズに動いてくれないかと経費をかけずに努力中です。

とにかくスムーズに動く雲台を探しています。けち臭いハナシではありますが、良い情報がありましたら教えてください。

[PR]
by cantam | 2006-08-26 16:46 | ハード&ソフト or グッズ
70年代のひとこま
70年代というと中学・高校・大学の前半をすごした時代である。ごく一般的には人生の中で最も自由に輝ける年代であろう。
自分の場合物質的にはそこそこ恵まれもしたが、健康面では慢性頭痛とメニエールによるめまいを患い、精神的には今なお尾を引く程度に抑圧され、結果として自分を認めてやることが出来ないままに過ごした暗澹たる時代であった。
小学生時代に戻りたいとは思うが、それ以外の時代に戻りたいとは思えないのがなんとも残念である。


f0091955_1542436.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II



そんななか、中学2年の時手にし、今なお継続しているお遊びがギターである。音程もリズムも音痴だし、誰からもきちんと教わっていないし、20年弱のブランクもあるしで、きちんと弾く事は出来ないが、なかなか楽しいものである。

70年代のなごりとして形で残っているのがこのケースである。購入はおそらく77年。元はといえば妹が購入したのだが、あまりに良いので搾取しそのまま手放せずに持っている。製造はタカナベだったかかな。当時、S.Yairi YD-304 をいれて活動していた。その残骸がステッカーとしてかすかにその当時の思い出させてくれる。「’79 Rock IN Okayama RSK」とある。当時三人のバンドで応募した時の記念品です。元々入っていた S.Yairi は売り払ってしまったが、このケースは今後も手放さないであろう。
f0091955_15423592.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II



現在はこのケースには、最後のドレッドノート Martin D-28 ('63) が入っている。ドレッドノートはもう使う気がしないので、中身はいつでも換金する心の準備は出来ている。ギターのハナシになると、ヒジョーに長くなるのでこれは止めておきます。
f0091955_15424921.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II



もう一つの70年代として、ケースの中で眠ってきている一枚の写真(雑誌の切り抜き)が下記である。現在の彼女しか知らない人は分らないかもしれないが、当時は大騒ぎになったCMのひとこまである。
彼女の高校時代の同級生から聞いた話では、才色兼備で非常に目立つ女性だったそうです。
いまでは、ちび丸子ちゃんのばあさん役だ ヾ(゜ω゜)ノ゛
f0091955_15463198.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II



今回の写真は、全て外部ストロボ+ディフューザーを主な光源として撮影しています。
[PR]
by cantam | 2006-08-22 15:46 | ひとりごと
瀬戸内市、岩屋山より
以前から気になっていた山(丘)の頂の石垣をめがけて登ってみると、そこは展望台だった。

f0091955_23381241.jpg
Canon EOS KissDN / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II
F11.0, 1/160sec., Av -0.3EV, ISO100, WB:Auto




眼下に見えるこちらは旧邑久郡邑久町役場所在地周辺で、現在は瀬戸内市の主要地域です。
f0091955_23382388.jpg
Canon EOS KissDN / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II
F11.0, 1/200sec., Av -0.3EV, ISO100, WB:Auto




私は岡山市在住ですが、居住地域の状況はほぼ同じで、水田と小山に囲まれています。緑は多いが農薬も多い、先祖代々の土地はいくらかあるが、水田扱いにはなってはいても作物は作っていなくてほったらかし。農地をほったらかしているとフシギなことにまっすぐだったあぜ道が曲がってきて、田の面積がだんだんと減って行くという話もあるので多少は心配。でも何もしていない。どうしましょ。
[PR]
by cantam | 2006-08-21 23:45 | ・田園、植物
岡山後楽園 幻想庭園 2006
幻想庭園では、ライトアップ以外に、ライブステージが日替わりメニューで行われています。この日は、やなわらばーのステージがありましたので、実はこれを目当てに行ったようなものです。表向きには「満月だったから」なのですが。

石垣島出身のユニットとのこと。「ユニット」という表現はどうしてもスキにはなれないし、Begin からの流れを感じないではないですが、そんなことはさておいて、この暑さを吹き飛ばしてくれるような透明感のある声は非常にすばらしいと思いました。

f0091955_19314960.jpg
Canon EOS 20D / Canon EF 70-200mm F4L




f0091955_19321320.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF11-18mm F4.5-5.6 Di II




ライトアップされた岡山城をバックに、(写ってはいませんが)ステージ左には満月を従えて、ビール片手にステージ鑑賞。
f0091955_19322735.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II



去年はあつかましく最前列で200mmを使ったのですが、今年は控えめに後ろのほうで撮りました。300mm、欲しいよね。
f0091955_19324247.jpg
Canon EOS 20D / Canon EF 70-200mm F4L

[PR]
by cantam | 2006-08-12 19:39 | ・夏の風物詩:ホタル 他
白山登頂
山岳部一年生の愚息が4泊5日の夏山登山で撮影した一部です。
撮影は全て IXY Digital600 です。空気のクリアさが違うのでしょうか、こんな写真を見せられたら、普段住んでいる下界で撮る風景写真はばかばかしく思えてきました。しかし残念ながら、20Kgもの荷物を担いでの登山など今の体力では不可能です。

こちらは気温約10度、朝5時前。ご来光を。
f0091955_21563383.jpg



雲を眼下に登山中。
f0091955_21564241.jpg



白山の頂上だそうです。
f0091955_21565089.jpg



f0091955_1556612.jpg

[PR]
by cantam | 2006-08-11 22:00 | ・山、森林
岡山後楽園 幻想庭園 2006
昨年に引き続き岡山後楽園の幻想庭園に今年も行ってきました。単に和風の庭園をライトアップしているだけなのですが、非日常を感じることが出来るのが楽しいです。

f0091955_15593693.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II



こちらは実は合成です。本来はRAWで撮ればいいのですが面倒なので、露出補正 +2.0 と -1.0 で撮って、これを適当にブレンドさせています。ちょっと雑な仕上げですので、見る人が見ればお恥ずかしいのですが、ある程度のことは出来ますね。
実は最も明るい部分はまだ飛んでいる部分があります。撮った時点で分かっていますので、マニュアル露出で取り直せば良かったのですが、それも面倒になって・・・、今回は実験止まりです。
f0091955_15595830.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II




f0091955_1605177.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II



f0091955_311617.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II



f0091955_311636.jpg
Canon EOS 20D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II

[PR]
by cantam | 2006-08-10 16:00 | ・夏の風物詩:ホタル 他
牛窓花火大会 2006
f0091955_947442.jpg
Canon EOS 20D / Canon EF-S 17-85mm F4-5.6 IS


f0091955_2524861.jpg
Canon EOS 20D / Canon EF-S 17-85mm F4-5.6 IS


牛窓の花火ですが、海への写り込みが非常に印象的でした。
[PR]
by cantam | 2006-08-06 09:53 | ・夏の風物詩:ホタル 他
牛窓ホテル
エーゲ海と称される牛窓は、たまに行ってみると新鮮味があります。海沿いの山肌にへばりついたペンションや別荘、道路事情が整備されている現在は特別辺鄙な場所とはいえないので、季節の良い時期はこのあたりで過ごしてみたいという気分になることがあります。ただ、場所によっては台風などのとき、お家の中で海水浴ができてしまう場合もあるようです。

その中でも牛窓ホテルというのはなかなか良いロケーションです。小高い山の上に在るのですが、その道中もちょっと大丈夫かと思われる箇所もあるのですが、ここからの景色は好きです。建物そのものも、結構絵になります。

f0091955_5515147.jpg
Canon EOS KissDN / Canon EF-S 17-85mm F4-5.6 IS
F8.0, 1/500sec., Av 0.3EV, ISO100, WB:Auto



上の写真は、ハイキーして黄色を大胆にカットして(このような蒼白い色が好きです)おりますが、こちらはほとんどノーレタッチです。やはり青空バックでないとサマにならないかもしれません。
それなりの構図にしないといけませんがオレンジの屋根だけをそのままにして、のこりをモノトーンにしてみるのも悪くはないかも。
f0091955_5527100.jpg
Canon EOS KissDN / Canon EF-S 17-85mm F4-5.6 IS
F6.3, 1/800sec., Av 0.0EV, ISO100, WB:Auto



「牛窓」という地名はかなり変わっています。由来には多少興味があります。
[PR]
by cantam | 2006-08-04 05:59 | ・近代建造物
暑い
梅雨もあけて本格的に夏到来ですが、どうも毎日曇っています。
暑さは結構堪えていますが、どうもスカッと爽快な夏とはいえないようです。ということで

f0091955_459416.jpg

[PR]
by cantam | 2006-08-04 04:59 | ひとりごと
Copyright © 2006-2010 cantam All Rights Reserved.



岡山県を中心に広島東部と兵庫西部、及び鳥取全域とその近隣を撮り歩いた撮りおろし写真帳です。主に自然風景と建造物を撮っています。

リンクはご自由にどうぞ。
コメントもお待ちしています。


Since 2006.3.12
Thank you!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
記事ランキング
タグ
(58)
(55)
(46)
(46)
(44)
(42)
(40)
(38)
(32)
(31)
(27)
(21)
(19)
(17)
(14)
(13)
(11)
(11)
(9)
以前の記事
2015年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
more...
カテゴリ
風  景 ・・・
・空、雲、星景
・山、森林
・滝、渓流
・田園、植物
・海岸、瀬戸内海
・春の風物詩:
・夏の風物詩:ホタル 他
・秋の風物詩:紅葉、雲海 他
・冬の風物詩:雪景、氷結 他
・町の風景、町の夜景
建 造 物 ・・・
・ダム、ダム湖
・アースダム、堰、堰堤
・近代建造物
・寺社仏閣、史跡 他
ハード&ソフト or グッズ
ひとりごと
ライブ
インデックスページ
検索
ブログジャンル